Welcome to my blog

換毛期の無かった最後の春

ナオミ

ナオミ

花ちゃんの換毛期は一般的なうさぎさんと同じで
毎年だいたい春と秋の2回でした。

2012年の10歳の秋には換毛期がありました。

2013年になってからは
一度も換毛期がありませんでした。

春になったら当然来るだろうと思っていましたが
結局ありませんでした。
替えで買っておいたラバーブラシは新品のまま残っています。

この頃の私は換毛期が無いことに不安を感じて
胸がざわざわしていました。

これも花ちゃんの体が出していたサインだったのですね。

hana-nadeko1.jpg
「まだまだ大丈夫、ずっと一緒だよ」

覚悟はしていても、あと数年は先のことだと思ってました。
というか思いたかったのかな。

でもこの最後の春、他にも老化のサインが徐々に出てきました。

顔や耳を洗うしぐさの時に、
踏ん張りがきかなくて手を突いてしまったり。 うん●をトイレの外でポロポロしてしまったり。
寝ていた場所でおねしょをしてしまったり。

私はトイレの失敗を気にしないように、
部屋のあちこちにペットシーツを敷きました。

そして今までどおり一緒の布団で寝るために、
人間の赤ちゃん用で裏が防水になっている
「おむつ替えマット」を布団に敷いて毎日取り替えました。

こうして少しずつ体の衰えを感じてはいましたが、
花ちゃんはずっと可愛いままでした。

よろけても、丁寧に毛づくろいをして
ゆっくり全身の身だしなみを整える花ちゃんを
私は世界一美しいと思っていました。
(親ばかをお許し下さい)

これは見た目だけのことではなくて、
内側から出る、花ちゃんが歳を取ったからこその美しさです。

ちゃんと同じ時間に食事をして、トイレに行って
毛づくろいをして、体を伸ばして、私を待って・・・。

思い通りに行かなくても暴れたり怒ったりせず
毅然として毎日を過ごす花ちゃんを尊敬しました。

花ちゃんは本当に立派だ。。。

こんな風に歳を取りたいと思いました。
そして、花ちゃんのこと
最後までしっかり見守りたいと思いました。


関連記事

2つのランキングに参加してます。 下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ

いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

Comments 16

There are no comments yet.
実習生@
NoTitle

どの記事を読んでも 愛情の深さに、
身体がジーンとしてきます。

urara*
NoTitle

花ちゃん、ほんと立派ですね。
私も、こんな風に歳を取りたいと思いました。
部屋のあちこちにペットシーツを敷いたり、
今まで通り、一緒に寝られるようにおねしょシートを敷いたり、
お互いが暮らしやすい環境にするために、色々工夫されたナオミさんも素敵です^^

換毛がない・・・というのも、サインなのかもしれないのですね。
頭に入れておこう。
モコちゃんは確かに若いけれど、普通の子に比べて牧草を食べる量も少ないし、
お鼻が濡れ易かったり、うっ滞にも2度なっているしで、
色々と不安を感じることも多くて。
花ちゃんのように、長生きしてくれたらどんなに嬉しいか・・・って思います。
そして、何より花ちゃんのような幸せうさぎさんしてあげられるように
私もナオミさんを見習って頑張ります。

しっぽの振り方、教えてくださってありがとうございます。
今朝ご機嫌に走っている時に見てみましたが、よく分かりませんでした^^;
モコちゃんは、しっぽ振らない子なのかなぁ?
また引き続き観察してみます。

ちこまま

そうです!一緒でした。

ちこも亡くなる一年くらい前から、ごっそり抜けていた毛が抜けなくなりました。
毛づくろいも、よろけながらも、何回もチャレンジして、丁寧にやってました。
最初は見ているのが、つらくて…。
でも、見習わなければと思うようになりました。
最後まで一生懸命生きる姿で、たくさんの事を教えてもらった気がします。

リサリサ
NoTitle

親バカなんてそんなことは決してありません。
私も花ちゃんはとても素晴らしい女性だと思います。


ナオミさんもそう。。
花ちゃんの生活に合わせて、花ちゃんを傷つけないようにしてあげる気持ち、本当に優しくて尊敬します。

優しくて尊敬するなんて凄く軽々しいけど、心に思ったり口にすることは簡単でも、行動として相手にしてあげることって結構難しいと思うんです。

けどナオミさんは花ちゃんが生活しやすいように、出来る手は打つ。。。本当なんて素敵な人なんだろうと思います。


目に見えて花ちゃんが老いていくのは辛く悲しい時もあったと思います。
でも可愛いままでしたって言葉が、なんだろう・・・ナオミさんの中で花ちゃんの全てを受け止めて愛情の強さがとても伝わった感じがしました。


花ちゃん、最後の春はお着替えしなかったんですね。
10歳の秋にお着替えしたお洋服がきっとお気に入りで、お月様に着て行きたいお洋服だったのかもしれないです。

きぃぼぅ

もっちゃんも花ちゃんと一緒でした。
換毛期もなかったし、ペットシートだらけでした。
ソファにジャンプする時も失敗してました(´・_・`)
そんな感じでも、ちゃんと身づくろいして、毎日穏やかに過ごしてて、本当にかわいくて愛おしかったですよね。
今朝、(多分)初めてもっちゃんが夢に出てきて、息子が仰向け抱っこしてたら、次のシーンで人の赤ちゃんに変わってたんです‼︎
もしかして、人間に生まれ変わった⁈生まれ変わったら、サイン出してほしいですよね^_^

冷奴
NoTitle

私は花ちゃんが常に毅然として生き抜いたのはナオミさんの愛情が確固としてあったからだと思います。
これほどすてきなパートナーとしてあり続けたこと。
その記録を愛を持って書き続けてくれるから、こうして温かい記事を読ませてもらえる。

ありがとう(*^^*)

Momo

花ちゃんの人生が素敵で
ずっと美しいままだったんですね。
やっぱり花ちゃんは素敵なうさぎさんですね。

ナオミ
実習生@さんへ

いつも素敵な鳥の写真をブログで拝見してます(^^)
今日はコメントありがとうございます。
自分の気持ちに正直に書いているので、
読んでる方に共感していただけるのはとても嬉しいです。

ナオミ
urara*さんへ

骨折をした時に一度かなり不自由になってしまった経験から
高齢になったときに慌てないですんだのもあります。

モコちゃんは確かにデリケートなところありますね。
urara*さんが相当気を使って工夫してあげてるから
大事に至らずにすんでいるけど。
きっとこれからも勉強されるんでしょうね。
今度もし、男の子のうさぎさんをお迎えすることがあったら、
urara*さんに色々教えてもらわなきゃ(^^ゞ

モコちゃんはまだ振らないんですね。
そういえば子供の頃は、興奮して頭を振る時にしっぽも振ってましたよ。

ナオミ
ちこままさんへ

一緒なんですね。
毛が生え変わるっていうのも相当な体力がいるんでしょうね。切ないですね。
人間みたいに禿げないっていうのはありがたいかもしれないけど(^_^;)

毛づくろいでよろけるの、見てて辛いですよね。
でも見てるこっちより、本人たちの方がしっかりしてますよね。
見習いたいです。

ナオミ
リサリサさんへ

世界一美しい、は自分で思うのは勝手だけど
ブログに書いちゃうと、断り入れておかないとね(^_^;)
でも褒めてくださってありがとうございます。

花ちゃんが前みたいに出来なくなることが増えると
見ててとても辛かったです。
でも花ちゃんが毅然としていたので救われました。
私がしたことなんて、なんでもないんですよ。

お着替えしなかった、可愛い表現ですね。切なさが減ります(^^)
中途半端だと衣装が台無しになるから、そのままで良かったかもしれません。

ナオミ
きぃぼぅさんへ

もっちゃんも一緒でしたか。
私達がもっと早く出会っていたら色々相談出来たかも知れませんね。
ソファにジャンプ、花ちゃんも軽々と出来ていたのが失敗するようになりました。
あ、危ないって駆け寄る時切なかったですね。

夢、すごいですね!しかも花ちゃんと近いタイミングで。
意味のありそうな夢じゃないですか。
もっちゃんは人間になったんですね、きっと。
出会うかも知れないですね、どこかで。元気の良い男の子かなぁ?

ナオミ
冷奴さんへ

嬉しいお言葉ありがとうございます。
自分でもこんなに愛するなんて…思いもしなかった(笑)
今日ペットショップに行ったけど、どの子とも目も合いませんでした(>_<)
パートナーとの出会いって簡単じゃないですね。

ナオミ
Momoさんへ

そうなんです、花ちゃんは美しいままでした。
少し目やにが出たりはあっても、内側から出る凛とした美しさがありました。
最後まで素敵なままだったんです(>_<)

はなこ
NoTitle

花ちゃんが最後まで美しく愛らしいままだったのは、
ナオミさんの愛情を一身に受けていたから。
花ちゃん自身の輝きと愛される喜びが
そのまま現れているような愛くるしい表情。
この花ちゃんの写真、大好きです。

ナオミ
はなこさんへ

ありがとうございます。
そんな風に言ってもらえるなんて嬉しすぎます。
はなこさんの言葉、そのままアルバムのこの写真に
添えさせてもらおうと思います。
byはなこさん、で(*^_^*)