うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4歳でもうシルバーなんて…

まおちゃんがうちに来た時から
ずっとメインで食べているペレットは、
ウーリーのブルームシリーズです。

今までは「シニアブルーム」だったのですが、
先月4歳になったので、
これからは4歳からのうさぎ用ペレット
「シルバーブルーム」を買うことにしました。

切り替えはちょっと心配しましたが、
なんの躊躇もなく、同じもののように食べてくれました。

CM180302-1.jpg

まおちゃんはなんだか嬉しそうに舌を出してますが、
私としては、複雑な気分。

だってまだ4歳なのにシルバーなんて!
シルバーって言ったら、、おじいちゃんのイメージじゃないですか。

CM180302-2.jpg


ウーリー社のペレット、ブルームシリーズは年齢によって4つあります。

スタンダードブルーム 800g 生後6ヶ月~2歳

シニアブルーム 800g  生後2歳~4歳
シルバーブルーム 800g  生後4歳~6歳
スペシャルブルーム 800g  6歳以上

2歳からの「シニア」も、もうシニア?!と思いましたが、
「シルバー」はさらに切ない響きですね。
ヤングとかアダルトだと良いのに、、現実は厳しいですね。

ずっと子供のままだと思いたいけど
うさぎさんの年齢、しっかり受け止めないと
ダメってことなのでしょう。
とはいってもまおちゃんは、まだまだおじいちゃんではありません。

ところで、このブルームシリーズは
花ちゃんもずっと食べていたペレット。
嗜好性はそんなに高くなさそうですが、
花ちゃんもまおちゃんもよく食べるし、
ずっと体調も良いので信頼しています。

特に歯に関してはまだ問題が起きたことが無いので、
このペレットのおかげもあるのかなと思っています。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *うさぎ用品 | 20:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふわふわ うさぎ川柳

3月3日はうさぎの日(耳の日だから)だったのに、
更新をサボってしまいました。

いつの間にか春がそこまで来てますね。
毎日ぼーっとしてやばいんです私。
もっとシャキッとしなくては。。

CM180306-1.jpg

先月ママモンさんにいただいた本。
「ふわふわ うさぎ川柳」

うさ飼いあるあるがいっぱいで楽しいです。
知ってるうさぎさんも見つけました♪

CM180306-2.jpg

まおちゃんにも読み聞かせ。

私の一句もついでに、詠んでみますが、
まおちゃんは「この人大丈夫だろうか…?」
という表情で呆れています。

うさぎ川柳、うさぎに聞かせて呆れられ…

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 19:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15ひきのウサギ物語

図書館で何気なく借りた児童書。
これが隠れた名作でした。

まあ図書館にあるくらいですから
隠れてもないのでしょうけど、有名でもないですよね。

CM180305-1.jpg

15ひきのウサギ物語」 (新・文学の扉) Amazon

F・ザルテン/作  
浜川 祥枝/訳 中村 悦子/画
293ページ 出版社: 金の星社 (1992/03)


森で生まれた野ウサギの子供たちの成長物語です。

「一緒に生まれた子たちどこに行ったの?」と
母うさぎに聞く、物心がついたばかりの子うさぎ。
気まずい雰囲気になるところから物語は始まります。

言葉はとても優しいのですが、内容は童話じゃない。
自然の中で生き抜くことの厳しさを描いている本です。

うさぎや森の動物たちの生態にものすごく忠実で
まるでドキュメンタリーのような内容。

自然は厳しく、人間はもっと厳しい。
人間に捕まった子うさぎが、
人間の匂いのついたしおれたキャベツを嫌がって
何も食べず、弱ってしまうところは胸が痛みました。

シリアス過ぎて途中は読むのが辛かったのですが、
でも、最後まで読んだら、じわじわ来るものがありました。

森で生き抜くうさぎたちの奇蹟のような成長に感動しました。
そしてうさぎたちが生きる喜びを感じているシーンには
一緒に幸せを感じました。


CM180308-1.jpg

著者はF・ザルテンさん。
ただものじゃないだろうと思って調べると
著者名を検索して出てくるのは、
子リスのペリー物語 」(新・文学の扉)のみ。

ネットでさらに調べたら分かりました。
正しくはフェーリックス・ザルテン(Felix Salten)さんで、
あの「バンビ」の作者の方でした。
ハンガリー出身のオーストリアの小説家です。
1945年10月8日に76歳で亡くなっています。

きっと動物行動学に詳しく、動物と自然を愛した方なのでしょう。
書かれたのは1929年「15 Rabbits」


英語版の本もアマゾンにありました。

Fifteen Rabbits (Bambi's Classic Animal Tales) (English Edition)
2015年出版

表紙の絵がとてもかわいいですね。
日本版のも素敵な絵でしたが、こちらも素敵です。


このお話、主人公は野ウサギなので、
イエウサギの原種アナウサギとは種類が違います。
穴ではなく、やぶの中を寝床にしている点が違うところ。

でも生態はそんなに違いはないので、
うさぎさんのことを理解する上で
参考になることもたくさん書かれていて
いろいろ考えさせられました。

うさぎさんにとっての幸せ、
まおちゃんにとっての幸せを
今後も大切に考えていきたいと改めて思いました。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 18:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お留守番がんばりました

土曜日に夫婦で東北の親戚に会いに行ってきたので
まおちゃんは一泊お留守番でした。

まおちゃんはふだんはお部屋の中で自由にしていますが
長時間のお留守番の時は、
自分の部屋でお留守番しています。

1520663932247.jpg

<留守番カメラの映像>


留守番カメラの録画機能でずっと様子を見ていましたが、
今回もおりこうさんで、いつも通りのペースで
食事や運動をしてお留守番してくれました。

花ちゃんよりまおちゃんはお留守番が得意なようで
そんなにストレスもなく、元気に過ごしてくれるので助かってます。

家に戻ってから、たくさん褒めて、感謝を述べて
追いかけっこして遊びました♪
まおちゃんは運動不足を取り戻すかのように、
ジャンプして走り回って大喜びしています。
これからたっぷりマッサージもしてあげようと思います。

CM180311-3.jpg
<今のまおちゃん>


今日は3.11ですね。
旅の行きかえりは常磐道を使うので、ちょうどこの日に
震災の被災地をずっと車で通ることになったのですが
復興している地域もあれば、
時が止まったままのような地域もあって、
あの日を思い出さずにはいられませんでした。

千葉にいるともう震災が過去のことのように感じる時がありますが
まだ復興は途中だということ、家に帰れない人もいるということ、
忘れてはいけないと思いました。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *日常 | 21:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアワールド茨城県大洗水族館にて

CM180314-1.jpg

今日は朝からいいお天気。
まおちゃんもこんな天気では寝てられないという感じで活発です。


今日は先日のおでかけの備忘録を少し。
この前の土日出かけた時「アクアワールド茨城県大洗水族館」へ寄ってきたので
写真など紹介させてください。

CM180311-17.jpg
<サメ>
飼育数が日本ナンバーワンだそうです。
サメって下にベターって寝るんですね。


CM180311-14.jpg
<マンボウ>
マンボウ専用水槽は日本最大級。
アップで見ると逆にリアリティがなくてCGみたい。


CM180311-1.jpg
<小さい魚>
名前忘れました…。
この子がかわいくて写真を何枚も撮ってしまいました。


CM180311-18.jpg
<タコつぼのタコ>
私はタコやイカの知能にはすごく興味があります。
タコつぼの中で何を考えているのか…?


CM180311-13.jpg
<クラゲ>
クラゲは何種類もいました。
人気があるようでクラゲの前が一番混んでましたね。


CM180311-12.jpg
<イワシやエイ>
映画で観た海の中のようなイワシの群れ。
幻想的で美しいですね。


CM180311-15.jpg
<ラッコ>
私が一番好きなのがラッコさん。
いい写真が撮れませんでしたが、元気そうで良かったです。
ただ一頭だけだとちょっと寂しそうですよね。

一時期日本のあちこちの水族館の人気者だったラッコですが
水族館での繁殖が難しく、今では数が激減しているそう。
もうすぐ一頭もいなくなるといわれています。

絶滅危惧種のラッコ。
水族館で観れなくてもいいので、
地球からはいなくならないで欲しいです。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| おでかけ | 18:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT