うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ちょっと重い絵本「うさぎの島」

神秘的で美しい表紙絵に惹かれて、手に取った絵本。

うさぎの島のファンタジーかと思ったら違いました。
ちょっと重くて、とてもとても深いお話でした。


うさぎの島 (ほるぷ海外秀作絵本)
1984/12/15
イエルク シュタイナー (著)、イエルク ミュラー (絵)
おおしま かおり (訳)


舞台は食肉用のうさぎ工場。

201511-j.jpg

長い間工場のケージの中で
えさを与えられて育った年とった灰色うさぎと、
入ってきたばかりのちびの茶色うさぎが出会います。

一緒に脱出して外の世界へ飛び出すのですが…。

無事に外へ出れた時は
あぁ、良かった!と思ったのですけどね。

20160222-a.jpg

灰色うさぎは自然が怖くてたまらなくて、自由を喜べません。
干し草の匂いも、小川も、全て忘れていたのですね。

そして外を歩いてくたくたになった灰色うさぎは、
工場が懐かしくさえなるのです。
2匹のうさぎさん、幸せの感じ方がまるで逆。
気の毒で切ないですね。

うさぎさんの幸せってなんだろう?

わたしはまおちゃんから
大切なものを奪っていないだろうか?
深く考えさせられました。

絵本の続きは、機会があれば読んでみてくださいね。
わたしは読んで良かったです。

そしてこの著者の作品が気になったので
図書館に行って別の絵本も借りてきました。

どれもとてもメッセージ性が強くて、哲学的。
絵はとても緻密で美しく、読み応えがありました。

20160222-c.jpg

↑ 上の二冊。
「うさぎのぼうけん」と「うさぎの島」はタイトルが違いますが、
訳者が違うだけで同じ本でした。

もう一つのブログ「シネマラビット」の方に
「ぼくはくまのままでいたかったのに……」
と「ふたつの島」はアップしました。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 17:31 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |