うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

うさぎ絵本「I Am a Little Bunny」「Richard Scarry's Bunnies」

洋書のうさぎ絵本。
先月紹介した本と一緒に買ったもの。
まだお見せしてなかったですね。

20151202-ca.jpg

パッと見でもうかわいいでしょう?
絵本ってサイズや形がいろいろですね~。

気付くと買ってしまうのは
花ちゃん&まおちゃんに似た子が載ってる本ばかり。

一冊は前回と同じ
リチャード・スキャリーさんの絵本です。
(リチャード・スキャリーズ・バニーズ)


Richard Scarry's Bunnies
(英語) ボードブック – 2014/1/7
Richard Scarry (著, イラスト)

( ↑ アマゾンで中身が少し見れます)

初版は1965年。 
紙が分厚いので26ページでもしっかりした本です。

20151202-a.jpg

中身はタイトルどおり「うさぎ」の説明。
小さな子供さん向けの簡単な英語です。

うさぎは耳が大きいよ、足が速いよ。
うさぎの種類はね・・・っていう感じ。
うさぎの絵がいっぱいで、形も変わってて楽しい本ですね♪


  

もう一冊はこちら
(アイ・アム・ア・リトルバニー)


I Am a Little Bunny (Little Furry Friends)

(英語) ハードカバー – 1994/1
Amrei Fechnerm (イラスト)
24ページ

絵がとても綺麗です。
うさぎさんの毛並みまでとても丁寧に描かれてるんですよ。

20151202-b.jpg

うさぎの家族が「何か食べに行こう~」と
外に出かける一日のお話。

他の動物に出会ったり、農場へ入ってみたり。
文章は短いのに意外と充実した内容です。

20151202-c.jpg

私の手より小さい本。
まおちゃんが読むのにちょうど良さそうな大きさですね。

実は買う時はサイズまで見てなかったので
アマゾンから届いた時小さな封筒でびっくりしました。
在庫切れのお知らせかと思ったら出てきたのがこの本。

小さくてもすごくきれいな絵本なので気に入りました。
他の絵本も全部このサイズでも良いのにな!

この"I am a Little…"シリーズは何冊かあるようです。
Amrei Fechnermさん、好きだなぁと思って
どういう人なのか検索したけど不明です。
他にうさぎ絵本書いてないのかなぁ。。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 17:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |