うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

医学本「うさぎの臨床」

私が持っているうさぎ関連本で、
持っている方がちょっと少なそうな一冊を紹介します。


うさぎの臨床 (Library of veterinary practice)

著:L. Okerman 
訳:斉藤久美子
サイズ:B5判 並製本 118頁
発行年月日:1994年06月30日


獣医師向けのうさぎの医学本は
高いものが多くてなかなか手が出なかったのですが
こちらは安い古本を見つけた時に買いました。
定価は10000円です。

これまでに英国、米国、カナダなどでも翻訳され、
うさぎの臨床場面で幅広く使われているそうです。

20140826-hon1.jpg
目次、文字が見にくいですかね?
データベースより↓

目次
■序論    
■一般的背景と飼養管理技術の概要
一般的背景/解剖学的特徴/生理学上の要点/食餌/住居と衛生/繁殖と育子/行動
■疾病とその治療
診療時の保定と注射法/身体一般検査/剖検/診断のための臨床検査/皮膚の疾患/眼の疾患/呼吸器系および循環器系の疾患/消火器系の疾患/泌尿生殖器系の疾患/神経系の異常と関連疾患/全身性疾患/遺伝性疾患と先天的奇形/繁殖に関する問題/薬剤投与/外傷と外科処置/麻酔と催眠/安楽死/人畜共通感染症



20140826-hon3.jpg
中身はちょっと専門的で素人向けではないですが
意味が分からないほどではないです。
勉強になりました。

20140826-hon2.jpg
こういう本で辛いのが写真。
直視出来ないので紙を貼って隠してしまいました。
でも写真のあるのは118ページ中8ページだけ。
少なくて良かったです。


内容でちょっと驚いた記述がありました。

うさぎを仰向けに保定すると催眠状態になることから、
この時に去勢手術をすることが出来る。
麻酔をかける必要はないが、
獣医師や飼い主の選択で決めるように、ということ。
(実際はもっと詳しく書いてあります)

麻酔をかけずに手術するなんて
飼い主の立場ではとても怖くて選択出来ませんが
麻酔の危険が無い点では安全なのでしょうか。
去勢手術で怖いのは麻酔ですからね。

もともとこの本は
ベルギーの食用うさぎを対象にした本の翻訳で
(とは言ってもちゃんとした医学書)
しかも古い本なので、
今の日本では麻酔なしの手術はしてないですよね。
私が知らないだけでしょうか。

20140826-4.jpg
怖い、怖い。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 14:03 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |