うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お別れまでの大事な時間

束の間の奇跡の後、
徐々に花ちゃんは大人しくなりました。

物陰を好むようになり、
日向に出るのを止めてしまいました。

お腹の調子も少し不安定になって
それまで一度もしたことのなかった軟便も少ししました。

お尻が汚れて、、これは私も初めてのことで戸惑いました。
毛が汚れるとなかなか取れないものなんですね。
思い切って毛を切ってからお尻だけ洗って乾かしました。

花ちゃんは抵抗することなく身を任せてくれました。

食欲が減らなかったのは救いでした。
食べてる時は相変わらずイキイキしていたんです。

元気な頃700個くらい(最高900個)していたうん●は
最後の日の数日前には450個くらいまで減りましたが
それでも立派な数だったんじゃないかなと思います。
(毎日数えていたわけじゃありませんよ

hana-yorikakari

常に私の手や足に吸い付くように身を寄せてきました。

hana-kuttsuki

ちょっと離れるだけでも心細そうにするようになりました。
少し体にハリ(筋肉)がなくなったかな。。

hana-asinikao

私にもたれている時が一番楽なように見えました。
だから、ますます離れられなくなりました。

でも花ちゃんはまだしっかり自分のことは自分でしていたし、
私も花ちゃんも、ベタベタしながら明るく楽しく過ごしていました。

決してこの時期、暗い日々を送っていたわけではありません。
泣きながら過ごしていたわけでもありません。

私もたくさん話しかけていたし、
花ちゃんも「クワッワワックワー」と
一生懸命に声を出してお話してくれました。

それでも、最後のへやんぽの時に
付いて来れなくなった花ちゃんを見て
この先は介護が必要になるかも知れないと思いました。

その数日後の朝、出勤日なのに私から離れようとしない花ちゃん。
いつもとは違う目をしていました。
もう花ちゃんを置いて行けない。仕事は完全に辞めようと思いました。
(非常勤のお仕事をしてます)

電車の中で心を決め、出勤してすぐ、辞めたいと相談したところ
無期限の長期休暇をもらうことになりました。
花ちゃんは家族だからと理解してもらえました。
良くなったら出てきてと皆に言ってもらいました。

これからは何の心配もなく花ちゃんとずっと一緒に居られる。
そう思うとホッとしました。

「明日からずっと一緒だよ」
家に帰ってすぐ花ちゃんを抱っこして、
私は安堵感でいっぱいでした。


でもお別れはその翌日だったのです。。

その時は静かに訪れました。
次はお月様へ帰った日のことを書きたいと思います。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *2013年お別れまで | 03:37 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |