うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

最後まで続けたへやんぽ

花ちゃんは10歳半を過ぎても相変わらず元気でした。
でも少しずつ、ゴロゴロしている時間が増えて
ひとりで活発に動き回ることがなくなりました。

血行が悪くならないようにマッサージをして、
足腰が弱ってしまわないように、
「花ちゃまよ!」のテーマ曲とともに毎日へやんぽしました。

花ちゃんは私が誘うといつも一緒に走ってくれました。
走る花ちゃんを見るのが嬉しくて、
「すごい、すごい!若いよ、花ちゃん!」
と私ははしゃいで大げさに褒めました。

でも若い時のようにはいかず、
だんだん走るのが辛くなっていたようです。
少し動くとすぐに休んでしまうようになりました。

私はまだまだ何年も花ちゃんに元気でいて欲しかったので
毎日の運動が必要だと思っていました。

だんだん息があがるようになって
足の動きも悪くなっていっていた花ちゃんを
無理させてしまっていたかもしれません。

hana-epron.jpg
花 『まだ大丈夫だよ。遊ぼうよ』
私 「ほんと?まだやる?」

花ちゃんは息を荒げながらも一緒に遊ぼうとしました。

年をとって体が弱ってきていたこと、気付いていたのに。
もう少し気を使ってあげれば良かったと思います。

最後の日の数日前まで続けてしまったへやんぽダッシュ。
私が思っていた以上に花ちゃんは苦しかったかも。

私達の毎日の楽しみでもあり、絆を深めた習慣だったから
花ちゃんは若い時と同じように動いてみせようと
きっと必死だったのですね。

最後のへやんぽの時
少しよろける自分に戸惑いながらも
しっぽを振りながら私の後をついてきてくれた花ちゃん。

途中でついて来れなくなってうずくまってしまったのに、
まだしっぽを振り続けてくれました。
『大丈夫だよ』って言っていたのよね。

この時のことを思い出すと、どうしても胸が苦しくなります。

最後までへやんぽに付き合ってくれた花ちゃんに
ごめんねありがとうを伝えたいです。

花ちゃんとのへやんぽ、本当に楽しかったよ。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *2013年お別れまで | 22:31 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |