うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金縛りから救ってくれた花ちゃん

花ちゃんと暮らし始めてから、1度金縛りにあったことがありました。

その日はとても疲れていて、寝る前から嫌な予感がしていました。
学生時代に時々経験した、金縛りにかかる前の嫌な感覚。

金縛りというのは、
体が寝ているのに脳が起きている時にかかるもので
霊的なものでは無いと科学的に証明されているらしいです。
だから怖くないんですよね。

でも実際かかると、そんな事は言ってられません。

夜中に左手を引っ張られて目を覚ますと、
手首から上だけの手が、私の手を引っ張っていました。
私は下に引きずられて抵抗できず
体の半分が真っ暗な闇のようになった床から下に落ちてました。
(あくまでも感覚で)
このままでは奈落の底に落されると思いました。

その手首の向こうには旦那が寝ているのが見えたので
助けを呼ぼうとしたのですが声が出ません。
もちろん体も動かせません。

「花ちゃんはどこ?花ちゃん!」と思った瞬間に、
私の右に寝ていた花ちゃんが私の枕の上を回って左に現れ、
その手首を両手でバーーン!とジャンピングアタックしたのでした。

その瞬間手首は消えて、金縛りは解けました。

「花ちゃん!すごい!花ちゃーん!と飛びつきましたよ。
花ちゃんは興奮してキョロキョロしてました。

20071022074006.jpg
すごいよ。助けてくれてありがとう、花ちゃん!

金縛りって幻覚ですよね?
花ちゃんに私と同じ手首が見えていたのか?(それは怖すぎ)
苦しそうなのがわかって偶然私の目線の先で暴れてくれたのか?
なんだかわからなかったけど、不思議な出来事でした。

でも花ちゃんが私を助けてくれたのは確かでした。
やっぱり守護天使だったのですね。

この事件以来、
頼りになるのはやっぱり花ちゃん!ということがわかり
私は救世主の横で毎日安心して寝ることが出来ました。
(ちなみに旦那は朝まで熟睡)


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 15:23 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |