うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

また走れたね!

(続きです)

骨折から1ヶ月くらいして、
花ちゃんは生活に支障がないくらい動けるようになりました!
スロープをつけたトイレ(ケージ)にも登れるようになり一安心。

座布団上のペットシーツをトイレにして私に褒められまくった花ちゃんは
引き続きそこでもするようになってしまいましたが、
しょうがないので、そこは最後まで2つ目のトイレとして使い続けました。

そして次に嬉しかったのは右の後ろ足で耳もかけるようになったこと。
耳をかくって、何気に重要なしぐさなのですね。
やろうとして出来なかったもどかしさが見ててよくわかったので
再び自分で出来たのを見た時は嬉しかったです。
足をぴくぴくさせる度に代わりに掻いてあげてたのですが
きっと気持ち悪かったことでしょうからね。

こうして一時はどんどん回復して行くかと思えたのですが
以前のようにダッシュやジャンプまではしませんでした。

いつも飛び乗っていたソファの上も興味を持たず。
まるで挑戦しようともしませんでした。

今までは永遠の少女のように衰えをみせなかった花ちゃんも
隠居生活に入ってしまったかのような静かな生活。。

hana-sizuka
無茶をするのはやめたの?

それでも良いとは思いましたが、運動不足にならないように
毎日家の中を一緒にへやんぽしました。
人に聞かれたら絶対笑われると思うのですが、
「花ちゃまGO♪」という変な掛け声?テーマソング?もどきを作って
花ちゃんを煽り、リハビリを促しました。
(詳しくは、またいつかアップします)


そんな生活を送りながら半年後・・・。
なんと!

花ちゃんは再びソファにひょいと飛び乗って私を驚かせました。

さらに数日後、「花ちゃまGO♪」の声を聴くと同時に
ダッシュをしたのです。
さらにその後お尻フリフリダンスまで!

その後の花ちゃんは、私の掛け声に合わせて
日に日に若返っていくかのように走り続けました。

足先の形はちょっと変わってしまったけれど、
筋力も骨もすっかり元に戻ったのではないかと思いました。
8歳はまだまだおばあちゃんではなかったのです。

本当に嬉しかったですね。
花ちゃんが体調を崩すと目の前は真っ暗に、
花ちゃんが元気だと世界はバラ色に変わったようでした


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 01:45 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |