うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

病院での再診でトラブル

(続きです)
骨折してから2週間後。
見た目には指は曲がったまま変化なしでした。

でも走ったりジャンプしたりは出来なくても、
骨折した方の足があまり床に着かないようにしながら
積極的に歩くことは出来るようになりました。
足が床に着いた時にビクッ!とするのも無くなりました。
なにより精神面がかなり回復していたのは頼もしかったです。

さて、骨がつながっていると良いのですが、、
再び前回と同じ動物病院へ連れて行きました。

今度は違う男性の獣医さんに診ていただきました。
ここで1つ間違いが発覚。
前回、親指側が曲がってるのに小指側が折れてると言われました。
やはり逆でした。前の先生はレントゲンを逆さまに見ていたようです。
そういう初歩的なミスもあるのですねえ。折れてたのは親指側です。
実はそうじゃないかと思ってたのです。
遠慮せずに言った方が良いですね。

レントゲンを撮っての診断結果は良好でした。
骨はやはり曲がったままですが、順調につながってきていました。
指はこのまま真っ直ぐになることはないけれど、
ちゃんと生活は出来るでしょうということでした。

引き続き薬をたっぷりもらって、
もう病院へは来なくて良いといわれ取りあえずはほっとしました。

ただ診察の時にちょっと問題がありました。
花ちゃんは前回よりさらに緊張して具合が悪くなったようで、
診察台にぐったり横たわってしまったのです。
これには先生も慌てて、治療するよりキャリーバッグに戻し
出来るだけ早く連れて帰ることにしました。

hana-yokunare
早く良くなりますように

病院が苦手な子は多いと思いますが、花ちゃんは特別だと思います。
小さい時から病院には何度も行っているのに、
慣れるどころか毎回恐怖が増していっているようでした。

一番最初の診察の時に診察台から落ちたトラウマなのかなとか
私が怪しい動物病院にばっかり連れて行ったせいかなとか
色々考えてしまいました。

せっかく元気になってきたのに
病院に行って元気喪失してしまった花ちゃん。
「もう病院へ行くことはないんだよ、おめでとう♪」と
能天気に浮かれてみせて励ましました。
それが分かったのかは謎ですが、
安心の我が家に帰ると震えも止まり、元の表情に戻りました。
大事に至らなくて良かったです

その後は家でリハビリですね。
トイレに登れるようになりますように。
そして以前のようにまた走ったりジャンプしたり出来ますように。
願いを込めて。

(長くなっちゃいました。その後に続きます)


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 00:55 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |