うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

動けない花ちゃん

(病院から帰った続きです)

花ちゃんの骨折した指は明らかに曲がっていて
右足の先が膨らんでいました。

トイレとして使っていたケージに上がることが出来ないので
ずっと我慢して他でしません。
座布団にペットシーツを敷いて、前日の●●●を並べてお尻をなで、
「ここをトイレにしようね」とわかってもらえるまで
少し時間がかかりました。

そして水や牧草も座ったまま食べられるようにお皿に入れて
大好きな座布団の上で1日過ごせるようにしました。

本当は、出来るだけ動かないようにケージから出さないこと
といわれたのですが、花ちゃんが嫌がったので
ストレスを考えてそれはやめました。

その代わり、座布団に乗せたまま
「はい、移動だよ~」と花ちゃんを運び、
一日中私の横に居られるようにして見守ることにしました。

普段、家中を自由に動き回ってる花ちゃんは
本当にしょんぼりしているように見え、
今まで以上に私に力なく寄りかかってきました。

痛みのせいか、病院がショックだったのか
食欲も元気もしばらくはなくて
心配しなくても離れて動き回ったりはしませんでした。

hana-sonogo
その時の座布団の上で過ごす写真が一枚もなかったです。
これは少ししてからのもの。

私はこのまま花ちゃんが
弱っていってしまうのではないか、
もう長くは生きられないのではないかと
最悪のことまで考えて怖くなったりもしました。

この時は、折れたのが自分の骨だったら
どんなに良かったかと思いました。。

私の非常勤の仕事は長期休暇をいただきました。
花ちゃんが骨折して…という説明をすると
花ちゃんならしょうがないとあっさり承諾してもらえました。

普段から花ちゃんより大事なものはこの世にないと
職場で宣言しておいて良かったです

私に出来たのはただ見守って励ますこと
くらいだったんですけどね。

ただ花ちゃんはそんなに弱い子じゃありませんでした。
毎日お薬もしっかり飲んで、なんとか頑張って
食欲と元気を取り戻していきました。
私が励ますと、手をペロペロして気持ちに答えてくれたりもしました。

あとはなんとか骨がつながりますように…。

(2度目の病院の診察に続く)


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 01:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |