うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めてのうさぎ同士

私の職場でうさぎさんを飼い始めた方がいて、
花ちゃんを連れて遊びに行ったことがありました。

キャリーに入れられて出かけた先が
病院でも爪切りでもなく、他のうさぎさんの家だったので
花ちゃんはほっとしていて全然動揺しませんでした。

誕生日は不明でしたが、
確かこの時で生後2,3ヶ月くらいの男の子です。

いつも人も他の動物も怖がるのに、
やはりうさぎ同士だからか花ちゃんは怖がりませんでした。

まだ小さくて花ちゃんが大きく見えますね。

hana-gin.jpg

まさかのチュッにびっくり♪ 可愛い~

hana-gin2.jpg

でもこの後すごく仲良くなったかというとそうでもなく、
花ちゃんは着かず離れず、ちょっと距離を保ってました。

このシルバーの男の子の方はというと、
まだ子供なので発情の心配はないと思ったのですが
かなりの興奮状態になってしまったので
少し一緒にいただけで別の部屋に離すことになりました。

この男の子の元気の良さはものすごかったです。
部屋をぐるぐる走りながら、横壁まで走っちゃうんですから
まるでうさぎ界のジャッキーチェンですよ。
しかも持久力もすごくて全然休まず走り続けてました。

上には上がいるものだなと思って
これには花ちゃんも私もびっくりでした。

花ちゃんは初めて他のうさぎさんと遊んで
どんな心境の変化があるだろうかとドキドキしていたのですが
この時は、帰りも何事もなかったかのようでした。

花ちゃんにとって他のうさぎさんって
どういう存在だったのでしょうね。

友達や家族が欲しかったかな…とか
今も時々思ってしまいます。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 16:51 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立ち耳うさぎの良いところ

花ちゃんは立ち耳うさぎのネザーランドドワーフです。

でも立ち耳うさぎとたれ耳うさぎ、どちらも可愛いですよね。
お迎えするうさぎさん、どちらが良いかしらと私も最初悩みました。

花ちゃんと暮らし始めて、
立ち耳うさぎさんで良かったなぁと思った点があります。

立ち耳うさぎの場合は、
左右の耳をアンテナみたいに自由に動かすことが出来るので
どの方向の音を聞いてるのかすぐにわかることです。

花ちゃんに話しかけているわけではなくても、
花ちゃん、かわいい、美人さん、などの言葉が会話に出てくると
すぐに耳がこちらの方向にピンと動いてましたからね。

右からも左からも話しかけると、
それぞれの耳が違う方向を向いたりもします。
私と夫のどちらの声をより聞こうとしてるかもわかっちゃいます。

hana-sumasi1.jpg
『私の話ししてる?』


「今日はバナナが安かった」なんてうっかり言ってしまうと
こっちに背中を向けて寝ていても、
すばやく耳だけが真後ろに向けてピンッと立つので
「あ、しまった。ばれちゃった」となります。

花ちゃんは“バナナ”や“いちご”は確実に反応していました。

何も聞く気がないときは耳を後ろに畳んでしまうので
今リラックスしてるな、眠いんだな、というのもわかります。

ということで、何に興味があるか分かりやすくて
気持ちが理解しやすかったです。

たれ耳うさぎ(ロップイヤー)さんの良いところは、
きっと一緒に暮らしている方に聞いた方が良いでしょうね。

かわいさで言うと、甲乙つけ難いと思います!
上向きでも下向きでも
うさぎの耳は最大のチャームポイントですね♪


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 12:15 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさぎに見えない顔

さて、この子は何の動物に見えますか?

hana-toboke1.jpg

はい、言うまでもなく花ちゃんです。
耳が見えないとうさぎさんに見えないですよね。

前記事で立ち耳うさぎの耳は
自由に動かせるということを書きました。

耳を後ろに倒していると別の生き物っぽく見える
・・・というコメントを頂いて
そういう写真を探して見たのです。

こっちは横向きに寝てる夫のわき腹の上にいるところ。
きっと人間ベッドの上でくつろいでいたところでしょう。

hana-boke.jpg

耳を後ろに倒してぼ~っとしてますね。
本当にうさぎですか?って感じです。
この緊張感の無い顔を見て、いつもどんなに癒されたか。
今見ても笑っちゃいます。

立ち耳うさぎさんが耳を倒してるところは
警戒している時には見られないので、
このぼけ~っとした顔を見ると
いつもとっても嬉しくて、ほっこりしたのでした。

言葉は通じなくても、
花ちゃんは我が家の和ませ名人でしたね。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 18:49 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アヒルのように鳴くように

うさぎは鳴かないといいますが、少しは鳴くんです。

他のうさぎさんはどういう風に声を出すか
聞いたことがないのですが、
花ちゃんはアヒルのような声を出しました。

4歳くらいまでは甘えるときに
「ん~ん~~んんん~ん~」
という感じで蚊の鳴くような鼻声を出してました。

そして年を取るにつれて、
「クワックワッ~クゥクゥ~~」
とアヒルの子が鳴くような声を出すように。
TVをつけていたら聞こえないような、
とっても小さい声ですけどね。

8歳くらいからかな。超高齢期に入ると、
「グワッグワッ、ワウワウ~グワッワワ~」
声も少し大きくなってきました。

一声鳴くという感じではなくて、
続けてずっとしゃべってるような鳴き方でした。
文字で表すのはちょっと難しいです。

hana-hanasu
『今日はゆっくり話そうじゃないの!』
年取って声が出るようになってきた花ちゃん。

花ちゃんが鳴き声を出すのは、
1、朝私を起こすとき。
2、ごはんやおやつが欲しくて甘えるとき。
3、立ってうろうろしてるときに足元を回りながら。
4、私と夫が話しているときに割って入って。
などが主でした。

最初の頃は花ちゃんが声が出ないということを
可哀相に思っていましたが、そうでもなかったんですね。

年々だんだんと声が大きくなってきて
たまに言葉を発してるみたいに聞こえることもあったので、
「え?花ちゃん今しゃべったよね?」
と度々私達を驚かせました。

花ちゃんも言いたいことはたくさんあったんだと思います。
親ばかだと思われるでしょうけどね、
晩年はなんとなく会話が成立しているような気がしていました。

私 「あとでバナナ食べようね」
花 『グワッグワッ!ワワワワ~~クェッ!!』みたいな。

少なくとも必死で声を絞り出している様子を見たら
何を伝えたいのか…気持ちが伝わってきました。

はっきり鳴くことが出来ないうさぎだからこそ、
一生懸命出してくれる鳴き声は
とっても愛しい、とっても大切な声でしたね。


他のうさぎさんはどう鳴くのか気になります。
うちのうさぎさんは、こんな風に鳴くよ~
というのがあれば、ぜひコメント欄で教えて下さい♪



2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 21:23 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7歳の時の骨折

大きな病気をしたことがなかった花ちゃんの人生で
一番の苦難の時が7歳の時でした。

足の指を骨折してしまったのです。

花ちゃんはそのとき、
夫からバナナをもらおうとしていて、興奮していました。

部屋の中を走り回ってはしゃいでいて、
普段行かないフローリングの部分に飛び出してしまったのです。

それだけなら、なんでもないことでしたが、
花ちゃんは自分がいる場所に気づいて少し慌てて戻ろうとしました。

そして慌てたことで、足が空回りして滑ってしまい、
そんな自分にびっくりしてさらに慌ててしまいました。

傍からみていたら
ほんのちょっとバタバタしていただけに見えました。

夫は「元気だな~」と笑いながら花ちゃんにバナナをあげて、
その後就寝。。
花ちゃんは嬉しそうに食べ終わり、満足して寝転がってました。

でも私はなんだか胸騒ぎがしていました。
しばらくして・・・花ちゃんが右後ろ足を上げたまま
移動していることに気が付きました

hana-asi

怪我してる?!
高いところかた落ちたわけでもないのに、、なぜ?
気のせいであって欲しいと思いましたが、そうでは無さそうでした。

トイレに上がれなくておろおろしている花ちゃんを
抱っこして上げ下ろししてあげました。
これは絶対に普通の状態ではありません。

もう高齢なのに、もし骨折なんてしていたら
手術?ギブス?どうなってしまうんだろう…不安でいっぱいでした。

その日はもう遅かったので、
付っきりで様子を見て花ちゃんを励ましました。

一晩で治りますように!なんでもありませんように!
と何度も祈りましたが、願いは届かず。。

翌朝動物病院へ行きました。
花ちゃんにとっては怪我もですが
大嫌いな病院へ行くこと自体が大きな試練です。

診察の様子は次の記事に続きます。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 18:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT