うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

血液検査後の惨事

前記事に続いて、
病院での悪い思い出をもう1つ書かせてください

また便秘気味で食欲が落ちてきた時のこと。
早めの対応がいいだろうと思い病院へ連れて行くことにしました。

今度こそいい病院へと思い、家からはちょっと遠い
うさぎに力を入れてる都内の動物病院へ。

そこの先生はうさぎの診察に関して自信たっぷりでした。
正確な診断のため血液検査レントゲン検査が絶対必要とのことで
(正直そこまで?と思いましたが)お任せすることに。
麻酔をかけて歯も見ましょうと言われたのですが、
歯は悪くないし関係ないと思うと言って断りました。

検査結果は前回と同じくガスが少し溜まってるだけということで
注射とお薬の処方で帰ることになりました。

一安心かと思いきや、
動物病院から家に帰ってきて、
花ちゃんが何か気にしているのに気づきました。

後ろ足にガーゼとテープがぐるぐる巻きになってたのです。

びっくりして病院に電話すると
血液検査後に取り忘れたとのこと。
家で取れなかったら明日連れてきて下さい…って
そんなー?!

今回は診察は一緒に花ちゃんを見ながらでしたが、
その後の検査、処置はやはり見えないところで行われたので
私も家に帰るまで気づかなかったのです。

花ちゃんは外そうとパニクリ始めて
次の日まで待てるような状態ではなかったので
「私が取ってあげるから!!」と言ってなだめて
取り始めたのですが、
それがもう本当にものすごーーーく大変でした。

毛を何重にも巻き込んで粘着テープがぐるぐる巻いてあるので
テープと毛が絡みあってベタベタのぐちゃぐちゃです。
濡らしたり、はさみで切ったり、ピンセットでつまんだり、
取るのに2時間以上かかりました。


hana-204073

私も花ちゃんもヘトヘトでした。
行く前よりも元気なくなっちゃいました。

毛がもうたくさん抜けてしまって痛かったと思いますが、
花ちゃんは私に感謝のペロペロをしてくれました。
え~ん、ごめんね。花ちゃん。痛かったね。。

どうしてこんなに雑な巻き方をしたのか、
病院ではどうやって取るつもりだったのか、
不思議でしょうがありませんでした。

どうも病院運がないようで、困ったものでした


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 12:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |