うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩をたたくウサギ

「岩をたたくウサギ」という絵本を読みました。

アフリカのうさぎの昔話なんて
珍しいですよね。

20200311-1.jpg

これはガーナの北のサバンナ地方に伝わる
むかしがたりをもとにした話だそうです。



「岩をたたくウサギ―サバンナのむかしがたり」
シリグ村の女たち (イラスト) よねやま ひろこ(再話)


20200311-2.jpg

どのページも絵がいいんです。

ガーナのシリグ村に伝わる
伝統的な手法の絵だそうで、
アフリカ独特の雰囲気がありますね。

お話はちょっとワイルドで荒々しいです。

絵本だとほんわか語られてますが
実写映像だったらサスペンス(笑)

でも実は深いお話だと思います。

世界各地の昔話に出てくるうさぎさんの話は
特色があって面白いです。

20200311-3.jpg

それにしても昔話のうさぎさんって、
ちょっとずる賢いことが多いのはなぜでしょうね~。

いたずら好きが多いからかな?

うさぎさんは基本的に性格良いと思いますけどね♡

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 21:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャータカ物語 あわてんぼうウサギ

前記事に続いて、もう一冊うさぎ絵本。
今度はインドの昔話です。

昔話って、国によって特色があって
なかなか興味深いです。



「ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ」
2017/3/13 Amazon
原著:ボロルマー バーサンスレン ( Bolormaa Baasansuren )
再話: 中川 素子


20200124-1.jpg

ジャータカ物語というのは、
おしゃかさまの前世の物語のこと。

私はこの絵本で初めて知りました。

お釈迦様は様々な生き物に生まれ変わり
修行を積んで偉大な仏になったんだそうです。

そのジャータカ物語は547あって、
322番目にあたるのがこの絵本のお話。

20200124-2.jpg

大きな音に驚いた1匹のうさぎが
世界が壊れると思って大慌てすると

他のうさぎ、他の動物に伝わって
みんながパニックになってしまうというお話。

それを見たライオンのお釈迦様は
本当のことか自分で確かめに行くのです。

20200124-3.jpg

この絵本には本当に正しいことを
自分で見極めなさいという教えがありました。

まるで現代のSNSで拡散される噂話に
警鐘を鳴らしているような内容ですね。

お釈迦様が登場する絵本を読んだら、
なんだかとてもありがたいような
いいお話が聞けた気持ちになりました。

ジャータカ物語の他のお話も
今後読んでみたいです。
2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 21:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いたずらうさぎチュローチュ

「いたずらうさぎチュローチュ」という
古いうさぎの絵本を読みました。

カンボジアの老人たちから聞き書きされた
昔話を絵本にしたものだそうです。



「いたずらうさぎチュローチュ」
1999/10/6 Amazon
たじま ゆきひこ (著)

20200122-1.jpg

うさぎのチュローチュは
畑のバナナをとって食べたり、
ワニをだましたりする賢いいたずらもの。

でも、ある日年老いたやぎと出会って
調子に乗っていた自分を反省するというお話です。

うさぎさんってだいたいどこの国でも
いたずらっ子の扱いですね。

私はうさぎが強く賢く描かれてると
誇らしいですけどね。

20200122-2.jpg

カンボジアのうさぎさん
人にもワニにも負けずカッコ良かったです。

カンボジアのうさぎは
人参じゃなくてバナナを盗むのかな。

なかなか贅沢ですねえ。

最後は優しいヤギさんと出会って
ほっこりするお話でした。

カンボジアの昔話の絵本、
とても素朴で独特で面白かったです。
2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 21:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こうさぎたちのクリスマス

前回に続いて今回も
うさぎさんの絵本の紹介です。

20191211-33.jpg


図書館で借りてくる絵本は
特別いろいろな匂いがするのかな?

まおちゃんも興味津々です。

借りてきたのは
「こうさぎたちのクリスマス」という
アメリカの絵本です。


Amazon
こうさぎたちのクリスマス (1979年)
エイドリアン・アダムズ (著, イラスト) 乾 侑美子 (翻訳)


20191211-1.jpg

色鉛筆みたいな線で描かれた細かい絵で、
うさぎさんたちは、冬の装いがおしゃれです。

お話は、こうさぎたちがみんなでクリスマスを
盛り上げようと頑張る微笑ましい内容。

20191211-5.jpg

クリスマス前に読むのにぴったりの絵本でした。

クリスマスをスルーしようとしていた私も
何かしようかなと…思いました(笑)

まおちゃんも絵本のうさぎさんみたいに
何かサプライズしてくれるかな~??
2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 15:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスのうさぎぼうや

気が付けば、もうすぐクリスマスですね。

子供の頃はこの時期いつもワクワクしてたけど、
今は、ちょっと違います。

もうクリスマス、もう年末!
あ~また1年があっという間に終わってしまった…
みたいな焦りを感じます。

年ですかねえ、、。


でも、さあ気を取り直して、
クリスマスの絵本でもいかがでしょう。

「クリスマスのうさぎぼうや」という
とてもかわいらしいうさぎ絵本です。

20191209-2.jpg

表紙を見ただけで、もうほっこり。
うさぎさんが、とてもかわいいですね。



(Amazon)
クリスマスの うさぎぼうや – 1999/12/1
アンドレ ダーハン (著) 石津 ちひろ (翻訳)

アンドレダーハンさんは、アルジェリア生まれ
パリの作家さんだそうです。


20191209-1.jpg

内容は、お友達を欲しがってる
ひとりぼっちのうさぎぼうやのお話です。

話はシンプルなのですが、絵がすてき。

どのページの絵も
ほんわり温かくて、癒されます。

20191209-3.jpg

この絵本、大好きになってしまいました。
とても幸せな気持ちになりました♥


私もうさぎぼうやのまおちゃんに
幸せいっぱい届けたい。

そんな気持ちになりました。
2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| うさぎの本 | 17:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT