うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケージのがじがじ防止

「ハウス!」でおとなしくケージに入った後、
しばらくするといつもケージの扉をガジガジやってました。
出して出しての猛アピールです。
歯が曲がってしまうんじゃないかと心配しました。
昔飼っていたインコを思い出して、
ケージを覆う布をかけてみたこともありましたが
びっくりしたのか余計に暴れられました。

そんな時にちょっと役に立ってくれたのが
このチモシーバーでした。
当時はかじり防止フェンスみたいな商品なかったので。

花ちゃんはまずはこれを破壊しないとケージの扉を開けないと思ったようで
必死でほどいてました。

 
hana-chimosi.jpg

 hana-cimosi.jpg

あまりにも必死で気の毒になりました…。

花ちゃんはあまりパワーはない変わりにしつこい性格でして
ずーっとずーっと諦めずに出して出してアピールを続けてました。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *放し飼いにいたるまで | 09:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根負けしての放し飼い

hana-keijinoue.jpg

ケージの中に極力入りたくない花ちゃん。
この頃のお気に入りはケージの上でした。
小さくてもこのくらいはジャンプ出来ましたからね。
足元が危ないのでケージの上にすのこやござを敷くようになりました。

コピー (2) ~ ナオミ作成アルバム 015

牧草も上から食べるようになって危なっかしいので
とりあえず横に牧草収納ボックスを置くことになりました。
そんなにケージの中は嫌だったの?

hana-uedeneru.jpg

そろそろ仕事に行く時間ですが…ケージの上で寝そべる花ちゃん。
「ハウス!」を言おうかなぁ~と思ってもこの感じ見たら
う~ん、言いにくかったです。

hana-tati3.jpg

トイレもある程度まで我慢して、
まとめて済ませているように見えました。体に悪そう。。


こうやってケージに出来るだけ入らないようにしていた花ちゃん。
外出前にケージに戻した後は、
「今頃出たがってるだろうなぁ~」と思うと
いつも後ろ髪引かれる思いでした。

そして我が家に来て半年以上経ってからだったと思いますが、
いたずらもかなり落ち着いて、お行儀も良くなってきたというのもあり、
とうとうケージの扉を開けっ放しにすることを決めました。
かなり勇気のいる決断でしたが、花ちゃんの熱意に負けました

もちろん口に入れてはいけないものを出さないように、
万が一登ったり入り込んだりしたら危ないところは無くすように
部屋をかなり改良しました。

驚いたのは、24時間自由に過ごすようになってから
いたずらがほとんどなくなったことです。
トイレもちゃんとケージの中でしていたし、
1日留守にしていても部屋は家を出た時のまま。
本当におりこうさんうさぎになったので、
「偉いね~、偉いね~」と毎日たくさんほめてました。
(親ばかです)

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *放し飼いにいたるまで | 01:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎晩一緒に寝てました

花ちゃんは夜になると自然に私の枕の横に来て、
一緒に寝るようになりました。

いつも朝が来るまで静かに眠っていました。
夜中に走り回ったり、私を起こしたりしたことはありません。

時々花ちゃんの手や足が私の顔に当たって
目が覚めることがありましたが、
そんな時、横で寝ている花ちゃんの可愛い寝顔を見て
夜中にどんなに癒されたことか。

腕枕してあげることもありました。
可愛い花ちゃんの為に
何時間も寝返りも打たずに手を伸ばしてた
親ばかな日もありました。

futon1

こうやって10年くらい
当たり前のように
ずーっと毎晩一緒に寝ていました。。。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 01:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさぎと寝る時の注意

前の記事では、花ちゃんと一緒に寝た
自分の良い思い出だけを書いてしまって
うさぎと一緒に寝るリスクを書くのを忘れてました

20061210120840.jpg

まずは布団の中に入れるのは危険だと思います。
花ちゃんは布団の中に入ろうとはしませんでしたが、
もし中に入ってくるような子の場合
万が一押しつぶしてしまったりしたら
うさぎは骨が弱いので骨折の危険があります。

人間にとっては、
抜け毛を吸い込んでしまうと
のどや気管を痛めてしまう危険もあります。
うちでは空気清浄機を布団の横に置いていましたし、
花ちゃんの換毛期にはマスクをして寝ていました。
アレルギー体質の方は特に要注意です。

もちろん布団に掃除機をかけたり、
こまめにシーツを洗うなどの手入れも必要です。
ダニ退治にも特に気を使った方が良いです。

そしてトイレのしつけが出来てるのも大事です。
布団でされてしまったら、
その上に寝ることになりかねませんから

また布団カバーを掘ったり齧ったりしてしまう子だと
羽毛や綿が飛び出してしまうかもしれません。

こん感じですから、
うさぎと一緒に寝る方は非常に少ないと思います。
私も簡単には人に勧められません
気をつけて下さいね。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *生活 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検便でコクシジウム

なんとなく元気がなく食欲が落ちたような日がありました。
前回の空回り・初めての病院から2ヵ月後のこと。

hana-nade

まだ健康診断を1度もしてないのがずーっと気になっていたので
今度こそちゃんと診てもらおうと思い、うん●持参で連れて行きました。

もちろん花ちゃんは家から出るだけで嫌がって怯えましたが、
コクシジウムなどあったらいけないと思い念の為。
今回はしっかり体を支えて診察してもらいました。

念の為…のつもりが、
なんと検便でそのコクシジウムが発見されました。
コクシジウム症は感染しても症状が出ないこともあるが、
子うさぎが発症すると命の危険もあるという病気です。

花ちゃんの場合、軟便も下痢もしていなかったのですが
「子うさぎだから命に関わることもあるので3日間入院して下さい」
と先生に言われてしまいました。

もうその時は本当にショックでした。
健康なことが分かったら、出来るだけ早く連れて帰って
なぐさめようと思っていたのに。

私にしがみつこうとしている花ちゃんを離し、
連れて帰りたいのをこらえて、
その日は花ちゃんを置いて帰りました…。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 22:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT