うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

≫ EDIT

白内障のセカンドオピニオン

先日白内障に気づいた時は
ショックでかなり動揺してしまいましたが、
だいぶ落ち着いて冷静なってきました。

眼の病院の情報をお寄せ下さった方
ありがとうございました。
良さそうな病院が複数見つかったので
大変心強いです。助かりました!


いくつかの候補の中で、
うさぎさんの目の手術もやっているという
動物病院へ行ってきました。

高速を使って1時間半以上かかる県外の病院へ。

201126-1.jpg

車が得意じゃないまおちゃん。
かなり緊張しています。
同じく私も緊張。。。

病院に着いてから診察までの間に
まおちゃん少し洋ナシを食べてくれました。

そして診察室に行くとやや抵抗しましたが
途中からタオルにくるまれて観念しました。

がんばれ、まおちゃん!

まずまおちゃんがどのくらい見えているか。

最初の病院では両目ともに
光への反応がほとんど無く、
どちらもほとんど見えてないかもという診断でした。

今回も最初は同じく両目とも反応がありませんでしたが
瞳孔を開く目薬を差して、30分後に再び検査すると
今度は両目ともに反応がありました。

見えずらいのは確かですが、
左目はまだ見えている。
右目も全く見えないわけじゃないとのこと。

それを聞いて私の心にも光が差したみたいに
心底うれしくなりました。
もう見えてないのかと思ってたので・・・。

白内障の進行を4つのステージに分けるとすると
今は右が1、左が2.5くらいの状態のようです。

201126-2.jpg

眼圧は正常値で問題なしでした。
歯並びはきれいだと褒められました。
白内障以外の病気は無さそうです。


そしてこれからのこと。
うさぎの白内障手術は可能だそうです。

ただし、白内障手術には
合併症が発生するリスクがあります。
(ぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離など)

犬は約10%が術後に合併症を起こすようで、
うさぎはそれ以上に多いとのこと。
これは予想よりだいぶ多くて驚きました。

そしてもちろん全身麻酔も怖いです。
7歳は若くないですものね。

手術をして、麻酔の影響もなく、
目が見えるようになって
合併症もなければ、万々歳。

でも、運悪く合併症を起こして失明したり
麻酔に耐えられなかったりしたら
取り返しのつかないことになりますね。

なので、たぶん手術はしないと思います。
(ちなみに両目で70万くらい)

でもすぐ決断することでもないので、
1か月後にまた診察してもらうことになりました。

白内障の進行の速度が遅いといいのですが…。

201126-3.jpg

帰りも車で1時間半。

大冒険から帰って来たまおちゃんは
絶対引きこもると思っていたのに
すごく元気でご機嫌で動き回ってました。

目薬も差して、飲み薬も飲んで
おりこうさんです。
強いね、まおちゃん!


薬のことなどはまた今度書きたいと思います。

動物病院ではうさぎの白内障について
1時間くらい説明していただいたので
聞いたことを復習しているところです。

いつもの動物病院もすごくいい先生ですが
今回は小動物の眼に詳しい病院へ
セカンドオピニオンに行って良かったです。



シネマラビットの方は
「みんなあつまれ!ワンダーパーク」アップしました。

2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 20:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気付けなかった白内障

突然気づいたのです。
まおちゃんの右目が白く見えることに。

見間違いであって欲しいと思いましたが、
確かに白くなっています。

201111-1.jpg

こんなに白いのに、
昨日まで全く気づきませんでした。

それとも急に白くなったのでしょうか?

どう考えても白内障が疑われます。
その日の夜に動物病院へ行ってきました。

201111-2.jpg

先生の診断結果は、やはり白内障でした。
加齢によるものと見られるそうです。

そして、白くなっている右目だけでなく
黒く見える左目も発症しているとのこと。

外傷などがなく、涙なども出ていなくて
食欲もあり体調も良いことから、
感染症などの疑いはなさそうです。

うさぎの白内障は治療法が無く、
進行を遅らせる目薬もうさぎには効かないので
してあげられることは無いとのこと。

合併症が出ないかどうかなど、
経過観察していきましょうと言われました。

まおちゃんはまだ7歳10か月。
とてもショックでした。

うさぎさんも年をとると
白内障になるのは知ってましたが

花ちゃんは11歳でも目の病気がなかったのもあり、
元気いっぱいのまおちゃんには
まだまだ先の話だと思っていたのです。

右目はかなり進んでいるようです。
左目も見えにくくなっているはず。

毎日近くで見つめ合って、
一緒にいて、なでて、寄り添って、
体中チェックしているつもりだったのに
瞳の奥の変化に気づかなかった自分に驚きます。

201119-2.jpg

↑この画像は気づく2日前のもの。
よく見ると、目の中に白いものがあります。


その後、白内障の目薬や治療について調べています。

進行を遅らせる目薬を使うかどうかは
獣医さんによって考え方が分かれているよう。

科学的根拠が無いという専門的な意見がある一方、
目薬が効いて実際に何年も進行を遅らせることが出来た
と言っている飼い主さんもいます。

治療については手術しかありませんが
うさぎの白内障手術ができる病院は
全国でも数えるほどしかないようです。



もし両目が見えなくなっても、
うさぎさんは聴覚や嗅覚も優れているし、
おひげもあるし、元々視力は悪い生き物。
慣れたお部屋であれば
人間が考えるよりは不自由はないそうです。

このまま合併症が出ないことを祈って
静かに見守るのも良いかも知れません。

そうしてゆったり過ごしているうさぎさんも
SNSで多く拝見します。

でもまおちゃんはまだ体はすごく元気で
ジャンプや追いかけっこが大好きです。

今日も私の足の間を8の字に走り回って
はしゃいでいます。

手を出すとペロペロしてくれて
足を出すとボクシングしにきます。

何とかもっと先、おじいちゃんになるまで
失明は避けたいと思ってしまいます。

201119-3.jpg

↑今日の写真です。


緑内障などの合併症が出る確率は?
両目失明した時の体調への影響は?
手術は可能?危険?
ずっと調べています。

後で後悔しないために、
動物眼科のある病院も受診するつもりなので
また後日、報告しますね。

目薬や手術経験のあるうさぎさんの
情報などがあれば教えていただけると助かります。




シネマラビットの方は
「老後の資金がありません」などアップしてます。




2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *体のケア | 19:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさぎのしっぽ幕張新都心店

緊急事態宣言が開けて
街も明るい雰囲気になってきましたね。

久しぶりに千葉市の
イオンモール幕張新都心に行ってみたら
なんと「うさぎのしっぽ幕張新都心店
が出来ていました!

2021年9月17日オープンだそうです。
知らなかったのでびっくりしましたー!


211029-11.jpg

ちゃんとしたうさぎ用品って
うさぎ専門店じゃないと揃ってないですよね。

なのでうさぎ用品は今ほとんどすべて
ネット通販で買っているのですが、

これからは時々こちらに訪れて
みたいなと思いました。

映画館などもある巨大イオンモールの中なので
駐車場もあってすごく便利なところなので嬉しいです。

211029-2.jpg

まおちゃんが欲しいもの
いっぱい売っているところですよ。


シネマラビットの方は「ロング・ショット」をアップしました。
2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると大変励みになります。

    にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。世界中のうさぎさんが幸せでありますように❤

| *うさぎ用品 | 22:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT