うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「愛をみつけたうさぎ」

素敵な本に出会いました。

「愛をみつけたうさぎ」

20160605-a.jpg

装丁を見ただけで、ドキドキしました。
表紙のうさぎさんの絵に一目ぼれです。
良い本に違いないと思いましたが、本当にそうでした。


主人公はエドワード・デュレインという名の立派な陶器のうさぎです。
持ち主の女の子にとても大切にされていますが、
エドワードは愛をしらないうさぎ。
どんなに愛されても何も感じないのです。
プライドが高く、自分のことしか興味がありません。

20160605-c.jpg

そんな陶器のうさぎエドワードが、
色々な経験をして、
愛を見つけるまでの物語。

ストーリーも挿絵も美しいです。
児童書ですが、大人でも感動すると思います。

20160605-b.jpg

(こはなちゃんもエドワードのように愛を見つけられるかな?)

心が洗われるような物語を読んで、
人形に対してもですが、
まおちゃんにももっと愛情を注ぎたくなりました。

だってこの本に出てくる人、
ものすごく優しくて愛にあふれてるのです。

20160605-d.jpg

まおちゃんにも読んで聞かせたいお話しです💛


↓ アマゾンのレビューがすごくいいので
 気になる方はチェックして見てくださいね。


愛をみつけたうさぎ―エドワード・テュレインの奇跡の旅
2006/10 定価¥1400
ケイト ディカミロ (著) バグラム イバトーリーン (絵) 
子安 亜弥 (翻訳)


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけたらとても励みになります。

 にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつも応援、コメント、拍手ありがとうございます。 

関連記事

| うさぎの本 | 12:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わあ〜すごい素敵な表紙ですね。
これ写真じゃなくて、絵なんですよね?
すごい、吸い込まれそうです。
内容もレヴューを読むと、すごく深そうなお話ですね。
ハッピーエンドだといいなあ。
ナオミさん、絵本とか児童書とかにも、いつもアンテナを張っているんですか?
いつも素敵な本をどうやって見つけるのかなあと不思議に思ってます

| ちこまま | 2016/06/06 21:45 | URL |

とっても温かみのある絵ですね…♡ナオミさんの記事やAmazonのレビューからもすばらしい作品なのだなぁと、読みたくてたまらなくなっています。いまは再販されていない様ですね。(高価にもなっていました)どうか図書館にありますように…(^^)

陶器のうさぎ、というキーワードから、イラストではなく陶板で描かれたうさぎが主人公の絵本を思い出し、先ほど読み返しました。地平線のかなたまでという本です(ヘルヤ・リウッコ=スンドストロムというフィンランドのセラミックアーティストさんの作品です)後ろあしが仲間のうさぎと少し違う子うさぎ君が主人公のお話です。読むたびに陶板の美しさと共に心にじーんとくる内容で、人間でも他の動物でも、この世界感は描けないかもしれないと感じる一冊です。

| シロの母 | 2016/06/07 22:53 | URL |

ちこままさんへ

写真じゃないです。素敵な絵ですよね~。
絵画として額縁に入れて壁に飾りたいような綺麗な絵です(^^)
ストーリーは悲劇ではないので大丈夫です。
私は泣いちゃいました(/_;)

絵本や児童書は大きい本屋さんや図書館で見たり、ネットで検索したりしてます。
子供時代にかなり読んでたのでカンが働くというか、吸い寄せられたりします(笑)
でもブログには載せてないけど、ハズレもけっこうあるんです~(^^;

| ナオミ | 2016/06/08 00:16 | URL | ≫ EDIT

シロの母さんへ

すごくおすすめなのに、アマゾンをよく見たら在庫ないですね(-_-;)
古本は原価の2倍くらいになってるようで…私も欲しいのに残念です!
うちの方の図書館にはあったので、もしあったらいつか読んでみてくださいね。

「地平線のかなたまで」という本ですね。
今検索してみたら図書館にあるようです。今予約してるのが読み終わったら借りてみます!
あ、アマミノクロウサギの絵本今借りています(^^ゞ

| ナオミ | 2016/06/08 00:33 | URL | ≫ EDIT

2&3枚目のこはなちゃんに
一瞬、「えっ??」とビックリしてしまいました。
上手にできているから、ではなく、
命が吹き込まれたようですね。
作られた方の気持ちと、ナオミさんの大事にされてる気持ちが
伝わってきます。

本も気になります~。
古本も価格が上がってますね。
わたしも、まずは図書館をチェックします!

| くみこ | 2016/06/09 14:54 | URL |

くみこさんへ

こはなちゃんが命を吹き込まれたようというお言葉、めちゃくちゃ嬉しいです(*ノωノ)
愛をみつけたうさぎさんになれるかしら?💛
この絵本のうさぎさんのように大事にしてあげようと思います。
古本の値段上がっててびっくりしちゃいますね。
アマゾン以外でも検索してみたらどこでも欲しい人がいっぱいいるようで…重版すればいいのに!
図書館にあるといいですね。
とても素敵な本なのでおすすめです(^^)

| ナオミ | 2016/06/09 19:28 | URL | ≫ EDIT

「愛をみつけたうさぎ」図書館にありました!
予約したその日に取り置きしてもらえて、本日読みました。

期待をはるかに超えるステキなお話でした。
最後の最後に涙が溢れました。
心が洗われるステキな本の紹介ありがとうございました。

ちなみに、悲しいお話は苦手なみーままにも「いつもいっしょに」「うさぎの島」は大丈夫だからと読んでもらったのですが、この本は児童書とはいえ200ページほどあり、悲劇ではないものの結構ショッキングな出来事が続くのであきらめました…。

とくに112ページ目と113ページ目の間の挿絵を見た瞬間に「ああ、これは辛すぎるぅ…」と断念しました。

老後に時間がたっぷりできたときにでも読んでもらおうと思います(笑)。

| やたん | 2016/06/11 21:18 | URL | ≫ EDIT

やたんさんへ

図書館にありましたか。読むの早い~!(笑)

同じく私も最後は涙が溢れました。
読み終わってからもしばらく感動して胸いっぱいでした。
読んだ人の評判もすごく良いのに現在販売されてないなんて本当にもったいないですよね。

本って紹介されるのは良いけど、読んでって人に勧められるのは負担に感じたりするものですからね。
みーままさんが読んでみたいと思った時に読むのが良いと思います(^^;
わたしは自分で手に取って読む気にならなかった本で、良かったことがないですから(/_;)
悲しいお話しが辛くなっちゃうみーままさん、純粋で優しい女性だと思います💛
素敵なご夫婦だから老後も楽しそうですね(笑)

| ナオミ | 2016/06/12 02:23 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/665-c20e0d78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT