うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界からうさぎが消えたなら


先週映画館で
「世界から猫が消えたなら」を観ました。

この世から猫が消えるなんて、
猫ちゃんと暮らしてる方には考えられないですよね。

世界からうさぎが消えたなら・・・?

20160604-a.jpg

私の人生からうさぎさんが消えてしまったら、
今の私はないでしょう。

まおちゃんは私の生きがいだし、
花ちゃんは私の神様です。

20160604-b.jpg

花ちゃんとまおちゃんは、
私の人生になくてはならない存在です。

たとえ自分の寿命を削っても
消してしまうことなんて出来ません。

20160604-c.jpg

映画の中で、こんな素敵なセリフがありました。

『人間が猫を飼っているわけじゃなくて、
猫が人間のそばにいてくれているだけなんだ』

20160604-d.jpg

うさぎさんもそうですね。
そばにいて、人に寄り添ってくれる。
言葉を理解して、心を通わせてくれる。

愛しい愛しい、大切な存在です。


※もう一つのブログシネマラビットの方に
「世界から猫が消えたなら」のレビューアップしてます。


 にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつも応援、コメント、拍手ありがとうございます。 

関連記事

| *日常 | 12:19 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もこの小説、気になってました。
映画も面白そうですね~

この世界からうさぎさんが消えるなんて想像もしたくないですよね。
おまけにうさぎさんとの思い出もなくなるんでしょ?
そんなの絶対に嫌だ~

私もミッフィーに救われて、めめに癒されて今、ここにいるんだから大切な大切な存在です。

| もふもふミッフィー | 2016/06/04 17:54 | URL |

私も同じセリフが心に残りました。

ほんとに優しい映画ですよね。
シネマラビットも見てきましたが、やはり岳ちゃん演じる親友との関係が素敵です。

奥田瑛二のお父さんも、不器用だけど素敵です。

実は2回観た私です(笑)

| かんな | 2016/06/04 22:01 | URL |

おもしろそうですね。
本、読んでみたくなりました(映画も、機会があったら)
世界からうさぎが消えちゃうなんて悲しすぎてぜったいに嫌ですよね。
うさぎがとっくに消えたあとの世界に生まれてきたとしたら
うさぎと出会っていなかったらいまのわたしはなかったし
ナオミさんとも友だちじゃなかった・・・!
それはどちらも恐ろしい世界です。。。

シネマラビットもいつも楽しく拝見しています。

| はなこ | 2016/06/05 03:55 | URL | ≫ EDIT

ナオミさん 本当そうですよね 私もチョコちゃんを
飼うまでは 気持分かりませんでしたが。

今では チョコちゃんが居ない生活考えられません
本当 大切な存在です!!💛

| カオル | 2016/06/05 08:01 | URL | ≫ EDIT

ナオミさん、この映画のレビュー待ってました!
シネマラビットだけでなく、こちらにも記事がUPされてて嬉しいです。

みかんが僕とみーままに寄り添ってくれている。
本当にその通りだと思います。
とてもありがたいことです。

みーままは悲しい映画はあまり好きではないのですが(疲れてしまうので)、この映画は僕がどうしても気になったので、1人で観に行こうとも思ったのですが、みーままと2人でダービーの日の午前中に観に行ってきました。

主人公と親友とのシーンあたりから僕の涙腺は緩んでいましたが、みーままはお母さんが病気だと分かったあたりからずっと涙腺が緩みっぱなしで、辛くて辛くて仕方なかったようです。

鑑賞後、心が浄化されたなーと余韻に浸っていた僕に対して、みーままはぐったりと疲弊しきっていました。

| やたん | 2016/06/05 11:43 | URL | ≫ EDIT

観たいなあと思いながら、まだ行けてない映画なんです。
ナオミさんの言う通り‥愛しくてかけがえの無い存在ですよね。
愛しいものを消すなんて、つらすぎて想像もできません。
ちこがいてくれた10年間って夢のように幸せでした。
思い出も宝物なので、それがなくなるなんて考えられないです。
ナオミさんのコメントを読んで絶対観に行こうと思いました。

| ちこまま | 2016/06/05 15:28 | URL |

邦画はほとんど観ないので、きっと観ることはないと思いますが(^_^;)、うさぎが消えてしまうのは本当に困ります。猫も犬もゴリラも消えてしまうのは困りますが、やっぱり今、一番、困るのはうさぎかな(^_^;)?
子供の頃に上野のアメ横から5000円で連れ帰ったうさぎさん、本当に可愛くて、外に連れ出してお散歩していました。今と同じですね(笑)
あと、昔は新宿の伊勢丹横でも可愛いミニウサギを売っていて、今、考えると恐ろしい時代だったけれど(^_^;)、うさぎは今以上に身近にいたんだなぁと。
伊勢丹横から連れ帰る事はなかったけれど、あそこに行くのが楽しみで楽しみで、親や祖母に呼ばれても、なかなか離れられないでいました(^_^;)懐かしい(^ ^)

| へたうま | 2016/06/06 07:45 | URL | ≫ EDIT

もふもふミッフィーさんへ

小説も気になりつつ、映画を先に観ました。
原作を読んでないと分かりにくいって言う人もいるみたいですけどね。
何がなくなっても大変だけど、うさぎさんは困りますよね!
思い出もなくなってしまうんですから恐ろしいです(>_<)

| ナオミ | 2016/06/06 08:29 | URL |

かんなさんへ

2回も観たんですか!
でも分かります。2回目の方が良さそうですね。
親友との会話は泣かせましたよね~(^-^;
私はやはりお母さんが好きでした。
でもお父さんも意外な魅力ありましたね( ´艸`)


| ナオミ | 2016/06/06 08:35 | URL |

はなこさんへ

映画の中心は猫というより人間関係なんですけどね。
猫ちゃんかわいいし、生き物が消えるのはだめですね。
うさぎさんがいないことになったら、人生変わります。
はなこさんとも出会ってないし!
そんな世界嫌です(>_<)ゞ

| ナオミ | 2016/06/06 08:42 | URL |

カオルさんへ

私も花ちゃんに会う前は、こんなに夢中になるとは思ってませんでした。
今はもう離れられないですよね。
大切な存在です!

| ナオミ | 2016/06/06 08:45 | URL |

やたんさんへ

私も基本的には明るい映画が好きで、悲しいのは苦手です。
この映画は私にはわりと後味が良かったので
そになにへこむことはなかったんですいどね、
最後に悲劇だったりすると数日は引きずっちゃいますね(^-^;
みーままさん感受性が豊かなのでしょう。
疲れましたね(^-^;

親友との関係に感動したのは一緒ですね。
いいシーンでしたねー

| ナオミ | 2016/06/06 09:18 | URL |

ちこままさんへ

他の人のレビューを見たりすると
全然だめって人もいるみたいですが、私はすごくよかったです(^^)
この世からなくなってもいいものなんて無いっていう優しさがありました❤
うさぎさんとの思い出は絶対消せないですよね!

| ナオミ | 2016/06/06 09:27 | URL |

へたうまさんへ

私が九州にいた頃ですね、アメ横でうさぎさんが売ってたのですか。
伊勢丹の横でもっていうのはちょっとびっくりです。
そういえば昔は縁日とかでもうさぎやひよこが安く売られてましたね。
怪しいおじさんが段ボールとかに持ってきて・・・恐ろしいですね(-_-;)
でも子供はそういうの分からないから、夢中になりますよね。

うさぎが消えたらそういう思い出もぜんぶ消えて…という映画でした。
これは困りますね(/_;)

| ナオミ | 2016/06/06 20:58 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/664-3a5e26bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT