うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガースウィリアムスのうさぎ絵本


20160529-a.jpg

ガース・ウィリアムスのうさぎの絵本を
3冊図書館で借りてきました。

まず最初はとーっても有名で大人気のこの本。


「しろいうさぎとくろいうさぎ」

借りてきたのは
英語版の「The Rabbit's Wedding」


子供の頃、一番お気に入りだった絵本で、
もちろん今でも大好きです。

20160529-b.jpg

しろいうさぎとくろいうさぎの結婚式のシーンは、
この絵本の名場面ですよね。

私が持っている「ウサギの不思議な生活」という
動物学者の本の中で、こんな話が載っているのです。

野生のヤブ野ウサギと雪ウサギについて。
雄雌まじえて四十羽までのウサギが大きな輪を描いてすわり、
輪のまんなかで一、二羽が陽気にたわむれているというたぐいの報告がある。
雄が雌に求婚する競技場かもしれないという人もいる。
あなたもそのわけを想像してみてください。

というような内容です。
まるでこの絵本のような光景じゃないですか?

アナウサギの話しではありませんが
実際にこんな光景があるかもしれないと聞いて
とても嬉しく思いました。見てみたいですよねー!


そして、こちらは同じ作者のうさぎ絵本。


「ベンジャミンのたからもの」

夫婦のうさぎさんのお話し。
「しろいうさぎとくろいうさぎ」の続きみたい?
と思い今回初めて読みました。

期待満々で開いたのですが、、

20160529-c.jpg

いきなりびっくり。
うさぎさん海へ魚釣りに行くんですって。

20160529-d.jpg

そして、漂流したり、宝物に目がくらんだり。
うさぎさんらしくもない展開でした。

あ、でもうさぎの生態は無視しているものの、
絵本としては面白かったですよ。
ラストはちゃんと良いお話しです。

後書きによると
この絵本の文章が書かれたのが1951年。
「しろいうさぎとくろいうさぎ」の著作権が
©1958年となっているので
続きというより先に書かれたのかもしれませんね。


もう一冊の
ちゃいろのうさぎとしろいうさぎいっしょにすもうね
は、なんと以前読んだ「うさぎのおうち」と全く同じ本でした。

タイトルが違うだけで同じ絵本。
洋書だとけっこうありますね。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけたらとても励みになります。

 にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。 熱中症に気を付けましょうね~。

関連記事

| うさぎの本 | 22:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも思うんですが、充実した図書館がお近くにあっていいですね〜(^ ^)しかも輸入本まで!
翻訳本て、翻訳者や時代によってかなり癖があったり、原作者が伝えたい内容からかけ離れてしまったりで、面白い部分もあれば、外国に行って原作を探そうとした時に、ちょっと困る事がありますよね。映画の題名とかも、全然、違っていたり。

でも、昔の絵本って、信憑性が高い表現のものが多い気がします。昔は自分で観察するしかなかった訳ですから、寝ても覚めてもうさぎの観察をして、それを表現したのかなって。時々、うさぎの絵に肉球みたいのが書いてある事もあるけれど、うさぎの足の裏って、 モフモフした毛が指毎に分かれて見えて、絵に書こうとしたら、肉球ぽくなっちゃう事もあるんじゃないかと思うんです。あと、目がぎょろぎょろして、左右の目があっちに行ったりこっちに行ったりしていて、歯を剥き出した危ない感じのうさぎの表情も、時々、はぐもするなぁ〜とか(≧∇≦)

| へたうま | 2016/05/30 12:38 | URL | ≫ EDIT

しろいうさぎとくろいうさぎ、私も大好きです。
一度はみんな絶対読んでますよね。
結婚式のシーン、素敵ですよね〜

えっすごい!
野生のうさぎさんも、そんな事しているだなんて‥
うさぎさんって飼うまでわからなかったけど、意外に感情豊かなんで人間みたいなところもあるのかなあ。
想像したら、楽しいですね(^^)

| ちこまま | 2016/05/30 23:07 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/30 23:12 | |

へたうまさんへ

図書館はいつも蔵書検索して他から取り寄せてもらったりしてます。
輸入本はけっこう豊富にありますよ。
へたうまさんの方が都会にいらっしゃるから、もっと充実してるんじゃないかなぁ~!
「しろいうさぎとくろいうさぎ」の原書の英語は私でも読めるくらい簡単でした。
日本語訳ともぴったりそのままです。
ニュアンスが違うところがあるんじゃないかなぁとか疑って借りましたが、同じでした。
他の本だと、タイトルも内容も違うことたくさんありますねー。
絵も変わっちゃったりすると全然違いますね(^^;

確かに昔の絵の方が写実的ですね。
実物じゃなくて絵を見て絵を描く人がいたりすると肉球になっちゃうのかも?(^^;

| ナオミ | 2016/05/31 01:12 | URL | ≫ EDIT

ちこままさんへ

本屋さんでもこの本が無いってことは絶対ないくらい有名ですよね。
うさぎ好きならこれは絶対好きでしょう!っていう本ですね。

野生のうさぎさんが輪になってお祝いしてるところ見てみたいですよね。
かわいいだろうなぁ~~(>_<)
実際になんでそんなことするのか?結婚式だったらすごいことですね。
ぜひ参列したいものです。

| ナオミ | 2016/05/31 01:18 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさんへ

こんばんは。
こはなちゃん可愛くてびっくりです。
羊毛フェルトって作家さんによっていろいろ作風があると思いますが、
こはなちゃんの優しくてけなげな感じ、花ちゃんにぴったりでした。

しろいうさぎとくろいうさぎ…そんなラブラブエピソードが!
なんて素敵なんでしょう。いいなーー旦那様すてき( *´艸`)
Twitterでは結婚式でお友達にプレゼントされたという方もいました。
愛がたっぷりな絵本ですね💛

| ナオミ | 2016/05/31 01:26 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/661-f29d2c47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT