うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雑誌「うちうさ」に花ちゃんの最期のことを…

うさぎ雑誌の「うちのうさぎのキモチがわかる本」の
<忘れられないうさぎの話>というコーナーで
花ちゃんの話を載せていただきました。

うちのうさぎのキモチがわかる本 忘れられないうさぎの話・花ちゃん

ブログを見て下さった編集者の方に
声をかけていただき、
花ちゃんの最期について綴ったものです。

昨年の春、一度花ちゃんとのお別れについては
力を振り絞ってブログに綴りましたからね。
また書くかどうか本当は迷いました。

でも花ちゃんが喜んでくれるかもしれないと思い
お引き受けしました。
私にとっては<忘れたくないうさぎの話>ですからね。

今の自分の言葉で
ブログには書いてないことも書きました。

紙面に合わせて長さを短くするような
編集をしていただきましたが、私が送った文を
ほぼそのままの言葉で使っていただき感謝しています。

忘れられないうさぎの話・花ちゃん

まおちゃんのことも少しだけ紹介しましたよ。

花ちゃん

後ろの方の白黒ページですから
華やかな雑誌デビューではなかったけど
私の気持ち届いたかな?花ちゃん?



うちのうさぎのキモチがわかる本 春&夏2015 (Gakken Mook)

2015年4月17日発売です。
毎回楽しい特集がいっぱいですが、
今回も遊び方、暑さ対策、うさぎドックなど、
読み応えある記事がたっぷりですよ。

そして「忘れられないうさぎの話」募集中だそうです。
お月様のうさぎさんとのお別れについて
語って見ることは良いかもしれません。

辛い作業ではありますが
私はまた絆が深まったような気がしています。



2つのランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキング うさぎ ネザーランドドワーフへ      にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
応援が励みになっております。ありがとうございます!

関連記事

| *生活 | 11:29 | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

2度目のカキコです。
先日は優しいコメントありがとうございました。
うちのうさちゃん(ゆーくん)がお月様に帰ってしまって、明日で早3週間です。
日に日に思い出が蘇ってきて、今はゆーくんに対して感謝の気持ちで一杯です。
私も「うちうさ」買いに行ってきます!

| みのつま | 2015/04/20 12:33 | URL |

ナオミさんのおうちに届いたんですね(^^)
偶然手に取って最初に開いたページがはなちゃんのページで、勝手に運命を感じてしまいました。
ほんとに、カラー写真じゃないのが、悔しかったです。
アップのはなちゃんの写真、とびきり可愛いのに!
とても読みやすい文章で、ナオミさんのはなちゃんへの愛情が、ひしひしと伝わってきました。
お月様に我が子を見送った私のような人の心に響いたと思います。

| ちこまま | 2015/04/20 16:29 | URL |

NoTitle

花ちゃんの想い出が紙面に載ったのですね、花ちゃんも喜んでいるでしょうね、私も読んでみたいです、教えてくださってありがとうね(*^-^*)

| ぼたん母 | 2015/04/20 19:17 | URL |

NoTitle

思い出しましたよ。
ナオミさんのブログを見て
読み続けていく吸引力がある筆致♫
愛情が、ひしひしと伝わるの。
辛いお話もあったかくてね、だから
読み続けて…まるで花ちゃんがそこに
いて鳥好きの冷奴も、ウサ好きになってた
んだから、パワーある‼︎ナオミさんo(^▽^)o
それもまた、花ちゃんへの愛情。

冷奴もよくわかったのです。
鳥もウサギも、動物の偉大さに改めて
気づけた。
大切な事を教えてくれてありがとう。
ナオミさんに感謝しています(*^◯^*)

本に掲載は納得‼︎
もう、まるごと一冊書かれていて
当然だと思うくらいよ☆
花ちゃん喜んでいるねっV(^_^)V

| 冷奴 | 2015/04/20 20:31 | URL | ≫ EDIT

買いに行きます!
書くの辛かったと思いますが
それも大事な花ちゃんとの思い出ですもんね(*^^*)
花ちゃんも嬉しいはずです

| くーちゃんまま | 2015/04/20 21:32 | URL |

私は滅多に買わないうさぎ雑誌ですが、何故か先週末に、買いたくなって買ったんです!でも、忙しくてまだ読んでいなかったので、さっき、読みました。

泣きました。私には、はぐのお兄さんみたいな愛犬ころが、まさにはなちゃんみたいな存在です。もう15年前に老衰で亡くなったんですが……はぐはころの生まれ変わりと友人に言われています。あまりに似過ぎているのでね(笑)見た目も性格も(笑)

| へたうま | 2015/04/20 22:25 | URL |

NoTitle

こんばんは。

メロディを見送ってから心が後悔と悲しみで押しつぶされそうになっていた時・・・。
ナオミさんと花ちゃんに出逢って・・・。
私はどれだけナオミさんと花ちゃんに心を救われてきたことでしょう。
花ちゃんがナオミさんを見上げる目は、いつも何かを語っているようで、
ナオミさんと花ちゃんは、出会うべくして出会ったのだと思わずにはいられないほどの強い強い絆でしたね。
そして、それは今も変わらないと思うの。

本、すぐに注文して明日届きます( *´艸`)
ナオミさんの言葉で語られる花ちゃん、きっと花ちゃんも喜んでいると思います。
一文字一文字、大切に読みたいと思います。

| るり玉 | 2015/04/20 22:43 | URL |

わぁ!!すごいですね!!
はなちゃんファンが増えますね(*^^*)絶対に買います☆
まおちゃんも、デビューおめでとうございます(^○^)
きっときっと、お月様に行ってしまったうさぎを想うみなさんの、力になるでしょうね。

| まめまま | 2015/04/20 23:04 | URL |

すごい!雑誌に載ったんですね!
これは買わなければ。
辛い作業だったでしょうがお疲れ様でした。
きっと花ちゃんも喜びます。
ナオミさんと花ちゃんの絆は武豊とキズナなんて比じゃないくらいに強いです。

| やたん | 2015/04/21 00:08 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

こんばんは。

花ちゃんが本に載ったんだ~
形として永遠に残るんですね。

花ちゃん、きっと喜んでいるだろうな~

| 孝ちゃんのパパ | 2015/04/21 01:43 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

ナオミさんは 文才があるから 小説家みたいな上手な文章を書くからね。
雑誌の方から声が掛かるのも納得です。

以前この花ちゃんとの最後の夜の内容をブログで読んだ時は 自分も思わずホロリとしちゃいましたよ。


話は変わりますが、映画の方は コメ出来ないようなので こちらにちょっとコメさせて貰います。
チャップリンの映画は 自分も大好きです。
ナオミさんは 街の灯が一番好きなようですが、自分は 街の灯も良いけれど 自分がこの映画の主人公に近い年代という事からかライムライトが自分としては一番かな。

それまで一人サイレントで頑張って来たチャップリンが 時代の流れに抗し切れずにトーキーに踏み込んだ、でも 時代も彼自身の年齢も それ以上長く輝き続ける事が許されなかった。
そんな中で チャップリン自身 全身全霊を込めて自分の遺作としても恥ずかしくない作品としてライムライトを作ったのだと思う。

チャップリンの映画は ただ面白いだけじゃない物が殆どで、いつも観た後 力を貰っているのを気付かされる。
チャップリンの映画は そんな力を持つ作品ばかりなので好きです。

長々と 場違いな話をすみませんでした。

| コロ蔵 | 2015/04/21 04:05 | URL |

たまたま昨日買って、パラパラッと読んでると花ちゃんの記事が!
一気に読みました。一語一語、大切に読みました。お見送りする時の様子が、眼に浮かぶようで、泣きながら読みました。
ナオミさんと旦那様の髪の毛と、手紙を送ってあげたんですね。これで花ちゃんはずっとナオミさんと一緒ですね(^^)
まおちゃんは、本当に花ちゃんが引き合わせてくれたんだと思います。
花ちゃんもまおちゃんも、ナオミさんの事が大好きだし、2人とも幸せだと思います☆
写真を見ると伝わってきます!
花ちゃん、本当可愛いなぁ〜〜(o^^o)♡

| ちくわママ | 2015/04/21 04:52 | URL |

NoTitle

依頼をお引き受けなさって
書かれたのですね。
お疲れ様でした。。
カラーだったらもっとよかったでしょうにね。
花ちゃん、きっと感謝してますよ。

| ピー | 2015/04/21 06:12 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

雑誌、アマゾンで注文しました。
花ちゃんが亡くなってしまったときのブログを読ませていただいたときは涙がとまりませんでした。
今もときどき花ちゃんとのブログを読み返させていただいてるのですが、その最期のブログだけは読み返せないのです。
でも、私もうさぎ飼いの身として、いつかはその時がくる覚悟はしなくてはならない…。
その時のために、ナオミさんのブログを参考にさせていただいてます。
今回の雑誌も、心して読みます!!

花ちゃんとナオミさんのような関係をサイモンと築きたいなーといつも思ってます。
今のところ、私はサイモンの奉公人のようですが…。

| かず | 2015/04/21 07:31 | URL | ≫ EDIT

昨日、コメントを書きかけたけど、なんか辛くなってやめちゃったので、もう一度やり直しです。
いつもいろんな事に一生懸命向きあっていらっしゃるナオミさんを尊敬しています。今回の花ちゃんの記事を読んだら、また泣いてしまうやろうなぁ。明日、手元に届くのでしっかりと読ませていただきますね。

| ぽんぽこ。 | 2015/04/21 07:55 | URL | ≫ EDIT

花ちゃん、すぐにみつけました。

こんにちは。
アマゾンに注文していた「うちうさ」昨日の朝届くとすぐに開封してパラパラ、、、あれ?
なんだかセピア色ページのうさちゃんのおっきな瞳に釘付け。見覚えある!って思ったら、やっぱり花ちゃんでした。

ナオミさん、この原稿書くの辛かったでしょうね。書いてくださりありがとうございます。その想い、悲しみだけでなく、ホッと温かくなる何かが伝わってきました。涙が止まらなかったけど、読後はこちらも温かくなりました。
素晴らしい文才ですものぜひ、うさぎさんの、花ちゃんの本を書いてください。

読み終わって、うちのピピンちゃんを抱きしめたかったのですが、うちでは抱っこさせてくれないので、かわりにたっぷりなでこしました。

花ちゃんは、今もナオミさんちでまおちゃんと遊んでるような気がします。
想い出してくれる人がいる限り、その人は死なないんだって、赤毛のアンがマシューのことを語ってました。確か「アンの青春」の中で。
花ちゃんのこと語るのが辛い時もあるかもしれませんが、語ることでよりいっそう身近になりますよね。私も亡き母のことでそう感じてます。

今度はまおちゃんが主役で、お宅訪問ページに掲載されることあったらいいなと、待ってます。


| きゃまだん | 2015/04/21 10:37 | URL |

みのつまさんへ

こんにちは。またありがとうございます。
この前はお名前聞いてなかったですね。ゆーくん♡でしたか。
私は49日までは家に居てくれてるのではないかなぁと思って
話しかけたりしていたのを思い出します。
うさぎ用品の片付けなど、色々辛いと思いますががんばって下さいね。

| ナオミ | 2015/04/21 22:23 | URL | ≫ EDIT

ちこままさんへ

いえ、届いてないので買ってきました(;_:)
問い合わせるべきか迷うところです。

花ちゃんがちこままさんに読んで~ってアピールしたのでしょうか。
買った人でもあまり見なさそうなページなのに、
すぐ見つけられたなんてすごいですね。
ちこままさんにそう言ってもらえただけでも載せてもらったかいがありました。

| ナオミ | 2015/04/21 22:31 | URL | ≫ EDIT

ぼたん母さんへ

思い出といっても、お別れの思い出がテーマでした。
楽しいお話じゃないのに皆さんに紹介するのも恐縮なのですけどね(^^;

| ナオミ | 2015/04/21 22:41 | URL | ≫ EDIT

冷奴さんへ

文章には全く自信がないのにブログを始めたことじたい無謀でした。
でも文才がなくても心を込めれば伝わるのですね。
冷奴さんにそんな風に言ってもらえるなんてとても嬉しいです。

私も冷奴さんのおかげで鳥さんの見方がずいぶん
マニアックになってきたんですよー。
オチリのかわいさとかね(笑)
偉大さ、お互いに伝えていきましょうね(^^)

まるごと一冊?!(;'∀')
この雑誌の中でも地味なコーナーですよ。2ページです。
それでも快挙ですけどね~。

| ナオミ | 2015/04/21 22:55 | URL | ≫ EDIT

くーちゃんままさんへ

ありがとうございます。
私の文章がなくても、読み応えのある特集がいっぱいでしたよ。

そうですね、お別れした日のことも大事な思い出です!
花ちゃん本当に立派でしたからね。

| ナオミ | 2015/04/21 23:00 | URL | ≫ EDIT

へたうまさんへ

そうでしたか、偶然ですね。
いや、雑誌の中の花ちゃんがへたうまさんに呼びかけられたのかしら。

ころちゃんとはぐちゃん、似ているのですね。
周りの方が言うなら、本当に生まれ変わりなのではないですか。
はぐちゃんが外で走り回ってる姿を見ると、ワンちゃんみたいですものね。

| ナオミ | 2015/04/21 23:10 | URL | ≫ EDIT

るり玉さんへ

こんばんは。
私もるり玉さんとメロディちゃんに出会って救われましたよ。
しばらくは自分だけが絶望しているような気持ちで、
同じ気持ちの人がたくさんいるということ、当然のことなのに
考える余裕もありませんでしたからね。
同じ想いを抱えてる方と話すことで気持ちの整理も出来ました(^^)

本買われたのですね~。
地味な記事なのに恐縮です(;´・ω・)
最期について語って欲しいというお話だったので、また悲しい記事になってしまいましたが
大切に思う気持ちを込めて語りました。

| ナオミ | 2015/04/22 02:29 | URL | ≫ EDIT

まめままさんへ

最期の方のモノクロのページで2ページです。
見逃されがちなコーナーと思われます(^^;
ブログの紹介はないので読んでくれた方の反応は分かりませんね。
それでも誰かの力になれたら嬉しいです。

| ナオミ | 2015/04/22 02:36 | URL | ≫ EDIT

やたんさんへ

お別れのことを書くのは一年前にやりきった感じがあったので、
もう一度というのは少し辛かったです。
でもやっぱり良かったなと思いました。
また花ちゃんの為に何かをしているような気分になれましたから(^^)

武豊とキズナ、今後もがんばって欲しいですね^m^

| ナオミ | 2015/04/22 02:57 | URL | ≫ EDIT

孝ちゃんのパパさんへ

こんばんは。
そっか、国立国会図書館に永遠に置いてもらえるのでしょうかね~。
そう考えると嬉しいです。
読者参加型の雑誌なので、載ること自体は珍しくもないのですけどね(^^;

| ナオミ | 2015/04/22 03:02 | URL | ≫ EDIT

コロ蔵さんへ

文才なんてないですよ!
ボキャブラリーめちゃくちゃ少ないし、子供っぽい文だし(-_-;)
でもありがとうございます。

コロ蔵さんチャップリンお好きなのですね!
私も子供の頃に洋画劇場で観た時から大好きで何度も観ています。
ドリフよりチャップリンの方が笑う子供でした^m^
「ライムライト」は哀愁がありますよね。
こちらも大好きな作品ですが、私は若い時のチャップリンの方が好きです。
サイレントが好きというのもあります。うさぎさんもサイレントですしね(^^)
でも「ライムライト」もう一度観たくなってきました。
前に観た時、この映画が心に響いてくるほどまでに理解できるのは
もう少し先なのかなって思ったのを思い出したので。
チャップリンの作品に力を貰う、本当にそうですね。

映画の話出来るの嬉しいです(^^)

| ナオミ | 2015/04/22 03:34 | URL | ≫ EDIT

ちくわママさんへ

ちくわママさんも買われてたのですね。
花ちゃんの記事に気づいてくれてありがとうございます。

そうなんです、自分の一部を持って行って欲しくなりました。
習慣としてそういうことして良かったのかどうかは、誰にも聞いてません(^^;

花ちゃんとまおちゃんに出会えて私も幸せです。
花ちゃんの写真を新たに見てくれる人がいるのは嬉しい♡
幸せいっぱいのお顔になるように、まおちゃんにも愛情注ぎたいです。

| ナオミ | 2015/04/22 03:50 | URL | ≫ EDIT

ピーさんへ

二色刷りのページなのですが…と予め言われてました。
花ちゃんの写真がカラーだったらもっと良かったのですけどね(^^;

私なんかに声をかけていただけるなんて、
それだけでもありがたいことですよね。

| ナオミ | 2015/04/22 03:55 | URL | ≫ EDIT

かずさんへ

こんばんは。
かずさんも注文されましたか。
どうしましょう、注文された方が何人もいます。
そんなすごい記事でもないのに恐縮です~(-_-;)
でも他の特集が十分面白いから、大丈夫ですよね。

若いうさぎさんのママはその時のこと想像するのも辛いですよね。
読みたくない方も多いと思います。
でもかずさんにそういってもらえて嬉しいです。
後悔しないためにも、心の準備って必要な時が来ると思いますから。

奉公人…それも良いですね(笑)

| ナオミ | 2015/04/22 04:00 | URL | ≫ EDIT

ぽんぽこ。さんへ

ありがとうございます。
一生懸命向き合ってるのはうさぎさんのことばかりで、自分の生活については現実逃避が多いのですよ(^^;
でも花ちゃんのおかげで、私なりに成長した部分がたくさんある気がします。

ブログでも一度綴った最期について書いたものです、泣かないで読んで下さいね。

| ナオミ | 2015/04/22 04:05 | URL | ≫ EDIT

きゃまだんさんへ

こんばんは。
きゃまだんさん、載ってるって知らなくても花ちゃん見つけてくれたのですね。
嬉しいです。ありがとうございます。

え、文才ですか?文才なんて全然ないのに!
きゃまだんさんにも褒められちゃいました。皆さん優しいですね(*ノωノ) 

編集部の方にいくつか質問をいただいていたので、
悲しい話は避けられず、またお別れの時に向き合うことになりました。
やはりその時のことを語るのは辛いですね。
でも絆はさらに深まる気がしますよね。
確かに今回の作業の中で、また花ちゃんを身近に感じました(^^)

アンのその言葉、覚えていませんでした。
ジーンとしますね。赤毛のアン、私も大好きなんです。

| ナオミ | 2015/04/22 04:21 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/420-001d6182

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT