うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花ちゃんお月様へ

無期限の長期休暇をもらい、
「これからはずっと一緒だよ」と花ちゃんに誓った夜。

少な目ですが、しっかりペレットと牧草を食べ
旦那が買ってきた桃も喜んで食べました。
ちゃんと歩くこともできました。

でもその後、初めて体に異変がありました。
後ろ足の踏ん張りがきかなくて顔が全く洗えなくなり
何度も何度も手を前につきながら諦めずにいました。

私が10分くらい手足のマッサージをすると
10秒くらいですが、なんとか自分で顔を洗うことが出来ました。
花ちゃんはそれで満足したようでした。

今後は少しづつ自由に動けなくなるだろうと想像しました。
寝たきりになっても世話をしてあげようと覚悟を決めました。

その後はひたすら私に寄りかかっていました。


201307011854441.jpg

これが最後の写真になりました。

花ちゃんの顔は少しむくんでいたようです。
その時は気のせいだと思おうとしていましたが、
今写真を見るとやはり顔が違っています。

寝る前に花ちゃんは・・・
旦那の顔をしばらくじっと見つめ、
その後同じように私の顔をじっと見つめました。

その時の花ちゃんの目を忘れることが出来ません。
私は昔その目を見たことがありました。

心の中でさよならを言う人の目と同じ。
遠くに行ってしまう時の目だったからです。。


不安なまま寝ていたためか、
明け方4時半くらいに私はふいに目が覚めました。
横を見ると花ちゃんが居なくて、青ざめて探しました。

花ちゃんはソファの影で横たわっていました。
息をしていないかと思いましたが、抱き上げると私を見ました。
でも体はぐったりとして力がありませんでした。

見えないところで逝こうとしたのだと思います。

私はとっさに水分をあげなくてはと思い、
台所から桃を持ってきて花ちゃんに出しました。

すると花ちゃんはふいに起き上がって、
何歩か走って、桃を嬉しそうに頬張ったのです。
にっこりしたような気がしました。

でも一口食べただけで、
花ちゃんはまたぐったりしてしまいました。

そこで旦那が目を覚ましました。
すぐに状況がわかったようでした。

花ちゃんを横に寝かせて、2人で体をなでました。
息はもう弱くなっていました。

病院には連れていきませんでした。
もう病院までは持たないだろうと思ったし、
家で看取ってあげたかったからです。
花ちゃんを見たら、もう逝こうとしているのがわかりました。

2人で花ちゃんにありがとうを何度も言いました。
また会おうね、来世でも家族になろうね、と何度も言いました。

花ちゃんの呼吸はだんだん弱くなっていきました。

最後に「また会おうね!絶対だよ。忘れちゃだめだよ!」というと

信じられないかもしれませんが、
花ちゃんは「アウ・・・」と言いました。
私達が「うん、会うね、会うね」というと、
花ちゃんは「アウ・・・アウ・・・」と言って、
そこで息を引取りました。

うさぎさんの最期は「キィー」と
悲鳴のような声をあげると聞いたことはありましたが、
そういった声ではなく、言葉で「アウ…」と言いました。

どこか苦しくて出た単なる偶然だったかも知れません。
でも偶然でも、意味があるように思えました。

花ちゃんは笑ったような可愛い顔のままお月様に旅立ちました。
キラキラした目もパッチリ開けたままでした。
息をしていないのが信じられないような愛くるしい表情でした。

これから介護してあげようと思っていたのに。
小さい時から賢くて手のかからない子だった花ちゃんは
自分で時を決めて去っていったかのようでした。

そして私達に「アウ…アウ…」という小さな奇跡を残してくれました。
最期まで光を与えてくれた花ちゃん。
本当に天使のような子でした。

私は泣いていましたが、
悲しみの涙と共に感動の涙も流していました。

いくら言っても足りません。
11年間ありがとう、花ちゃん。


1
花ちゃんに出会えて本当に幸せだよ。

これからも魂はずっと繋がっていると信じています。
約束したのだから、またきっと会えると思っています。


長くなってしまいましたが、
最期まで読んで下さってありがとうございます。
この回想録を読んで、
私と一緒に花ちゃんの一生を見届けて下さった皆様に
とても感謝しています。
花ちゃんも喜んでいると思います。
今後も花ちゃんの思い出と共に
ブログは続けていきたいと思っています。




2つのランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング うさぎ ネザーランドドワーフへ   にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
たくさんの応援に感謝しています。

関連記事

| *2013年お別れまで | 18:41 | comments:66 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

涙が止まりません。
愛する我が子をなくしたものでなければ、共感できないこの思い…

改めて、今一緒に暮らしている子を大切に大切に育てようと思いました。

素敵な綴りを、ありがとうございます。

| 育松 | 2014/03/27 18:50 | URL |

はじめてコメントします。
ナオミさん、ブログで花ちゃんのことを綴ってくれて本当にありがとうございます。
いつかこの記事が来ることは分かっていましたが、涙がとまりません。
悲しみの涙でもあるけど、
花ちゃんとナオミさん達の絆に深く感動しています。
同じうさぎさんと一緒に暮らすものとして、
ナオミさんのブログは本当に貴重な記録です。
これからも花ちゃんとの思い出を聞かせてくださいね。
ブログを通して、花ちゃんと出会える事が出来て本当に幸せです。

ナオミさん、本当にありがとうございました!

| みほ | 2014/03/27 19:11 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

初めてコメントさせて頂きます。
毎日拝見させて頂いております。
ナオミさん夫婦と花ちゃんの信頼関係にいつも感動しております。本当に良い関係で素晴らしいです!
花ちゃんの家族を思いやるところや、頭の良さは凄いです!
元気な頃の花ちゃんに会いたかったです。
本当に素晴らしい人生(兎生?)だったと思います。
花ちゃんとの思い出を教えて下さり有難う御座います!これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

| 小太郎の親父 | 2014/03/27 19:17 | URL | ≫ EDIT

花ちゃん、最後にまた会う約束をちゃんとしてくれたんですね。。

偶然なんかじゃないです。
花ちゃん間違いなくそう言ったんだと思います。


花ちゃんの一生は本当に素晴らしかったですね。

最期の時も、桃をもらったからと立ち上がってニッコリして、お月様へ行く時も笑顔で…
花ちゃん素敵過ぎます。

お月様からのお迎えが来るまでの間、ちゃんとお別れが出来て良かったです。


ナオミさんと花ちゃんの大切な思い出、読む事が出来て幸せでした。


必ずまた会えますよ。
花ちゃんもそう思ってるから。


これからもナオミさんと花ちゃんのファンで居続けます。
ブログの更新楽しみにしています。


ナオミさんに打ち明けていないことがありました。
私もうさぎさんと生活しています。


ナオミさんの花ちゃんへの愛の話を邪魔したくなくて、いつかお話に区切りが着いたら打ち明けようと思っていました。


ナオミさんとお友達になりたいです。








| リサリサ | 2014/03/27 19:52 | URL |

花ちゃんに心からありがとうです。

初めてコメントさせて頂きます。

花ちゃんのblogと出逢ってから、ずっと、まるで素敵なおとぎ話の中にいるような、とても穏やかで幸せな気持ちでした。
いつか、花ちゃんがお月様に還ってしまう日のお話になってしまう事はわかっていたはずなのに、やっぱり切なくて、寂しくて、とっても悲しくなってしまいました。
そう…たぶん私の中で、花ちゃんは可愛くて、若々しくて、生き生きとしていて、とっても幸せな存在になっていたのです。

まだ実感を持って考える事は出来ませんが、私にもいずれ訪れてしまうであろう、愛娘ももたんとの束の間のお別れの日に、少しでも後悔しないよう、これからも精一杯愛して行きたいと、改めて心に誓いました。

長くなってしまってすみません。
花ちゃん、ナオミさん、とっても幸せな気持ちをありがとうございます♪
これからも楽しみに拝見させて頂きます♪

| あやひめ | 2014/03/27 21:04 | URL |

NoTitle

こんなことを言ったらおかしいのかもしれないけれど・・・
なんて美しいお別れの仕方でしょう

小さなころから賢くて、聡明で、可愛らしくて、美しくて、凛としていて・・・
花ちゃんは、人生の引き際さえも、凛として美しい女性だったのですね

ナオミさんの手を煩わすことなく、でもきちんと天国で「逢う」約束もして・・・
クワックワッっておしゃべりするところは、うちのメロディと同じで喜んでいました

花ちゃんの奇跡の「アウ・・」うらやましいな

メロディは呼吸困難を起こしてしまったので、最後のグワグワは聞けなかったけど
ナオミさんと花ちゃんと同じように
慣れ親しんだ大好きな家で、静かに最期を看取ることができたのは幸せだったと思うの・・

その名の通り、ほんとうに美しくてかわいらしいお花のような花ちゃん
花ちゃんとの時間は、ナオミさんの心にいつまでも咲き続けて・・

「逢う」お約束をしたからには、ナオミさん、
大好きなバナナや果物・・いっぱいお土産を準備しなくてはね・・

わたしは、メロディが大好きだった人参の種を畑に蒔きました
いつか会うときのために、とびっきり美味しいお野菜を作れるように・・
そんな夢もできたの

ナオミさんも、花ちゃんとの時間を綴ることができて・・
春の季節を迎えることができたのですね・・

| るり玉 | 2014/03/27 21:25 | URL |

本当に涙が止まりません。
悲しいけれど、ナオミさんとはなちゃんの絆の深さに感動しました。

はなちゃんは、旅立ちの前に、たくさんのありがとうを、ナオミさんに伝えたかったんですね。
はなちゃんの行動のひとつひとつに、ナオミさんへの溢れんばかりの愛情が伝わってきます。
ナオミさんが、はなちゃんを大切に思う気持ちが、はなちゃんにもちゃんと伝わっていて…
私は、ちこに、こんな風に思ってもらえていたのか自信がないです(-.-)

はなちゃんの回想録は、ちこを失ったばかりの私を本当に癒してくれています。
今回のブログを書くのは、ナオミさんもつらかったでしょうね。
でも、本当に、また会えると思える気持ち…わかります。
きっと会えますよね!

| ちこまま | 2014/03/27 21:36 | URL |

はじめまして

はじめまして。
いつも記事を読ませて頂いてます。
最初から全部読み返させてもらったほど、はなちゃんは愛くるしくてとても賢いうさぎさんですね(*^^*)
正直この記事を読むの少しためらいました。悲しくなるんじゃないかと。でも不思議と温かいものを感じました。
はなちゃんらしい最後につきます!
はなちゃんはたくさんの幸せをもらったと同時にたくさんの幸せを残していってくれたんですね。どこまでも愛おしいですね…!
とても理想の関係に思えます♪
これもたくさんの愛情を注いだからではないでしょうか(*^^*)
ペットを亡くす事は家族を亡くすと同じくらい悲しいですよね。わたしも犬を何頭も見送ってきたので分かります。でも必ず笑って思い出を話す時がきますよね♪
こうしてブログにしてくださったことに感謝です。
わたしもうさぎさんがいますが、まだまだ意思疎通ができなくて毎日やりたい放題されてますσ^_^;
でもたくさんの愛情を注ぎます(*^^*)


| sheepun | 2014/03/27 22:07 | URL |

ここのところ暫くコメントできませんでした
花ちゃんが今はいないとわかっていて読み始めたブログですが、ほんとに最期のときのことを読むのが辛くて、なんてコメントしたらいいかわからなくて
今もわからないままですが、花ちゃんはさいごまでかわいい花ちゃんのままだったんだなぁって・・・
一番辛いときのことを書いてくださってありがとうございます、お疲れさまでした、これからもブログ続けてくださるとのこと、ありがとうございます

| ぼたん母 | 2014/03/27 22:48 | URL |

花ちゃん、ナオミさん、ありがとうございます。

ナオミさん、この記事を記すのはとてもつらかったことと拝察します。でも、いつかは書かなければという想いをお持ちになりつつ今日に至り、ナオミさんのお気持ちの整理もつき、新たな出発点にきているのではないかと想像しております。つらい想いを乗り越えて教えてくださったこと感謝しております。

うさ飼いを目指す私にはとってもとっても貴重なお話ばかりで、お迎えの覚悟をあらためております。ありがとうございます。

花ちゃんの最期の桃のお話、偶然なのですが、うちの亡くなった母も、亡くなる1週間前からずっと「白桃」だけしか食べられなくて、缶詰の白桃を近所のスーパーでありったけ買い占めておいて、1日に何度も食べさせてあげていました。
「桃」は邪気をはらい、不老不死、長寿の薬と信じられてきた果物だから、そんな魔力を信じたかったのですが、そうはなりませんでした。とはいえ、抗がん剤の副作用をわすれて心地良くさせてくれたようで、天国の果物(=お月様からの果物)なのかなと思ってました。だから、花ちゃんも桃、大好きだったのかな。
最期に花ちゃんが元気に桃を食べられたこと、よかったなあと思います。
今頃、お月様で花ちゃんはたっぷり桃をほおばっているでしょうね。

ナオミさんとだんなさまと再会の約束までして、素敵な幸せな最期です。きっときっと再会できますよ!

毎日、マレーシアに単身赴任している夫とナオミさんのブログについて、花ちゃんについて話しています。ふたりで、花ちゃんとナオミさんの信頼関係の奇跡に感激しています。これからも夫婦でブログを楽しみにしております。
長くなってごめんなさい。

| きゃまだん | 2014/03/27 22:52 | URL |

NoTitle

花ちゃんは最後まで美しかったのですね。
非力で小さなうさぎさんが尊厳を持って亡くなっていくなんて、
こんな風に自分は逝けるだろうか?と思ってしまいました。

ナオミさんと旦那さんに看取られて花ちゃんは幸せでしたね。
それにナオミさんと旦那さん二人そろっている時に旅立つことで、
お二人へも礼を尽くしているところが何てやさしい逝き方なんでしょう。

最後に桃を一口食べられたくだりで、桃源郷とふっと思い浮かべました。
甘い果物の味と共に、それを買ってきたご主人の思いやり、与えたナオミさんの愛情を口から胸の中へ大切に落として、花ちゃんは天国へ行ったのだと思います。

最後の言葉「アウ アウ」は未来か来世への約束の言葉ですね。
こんなに結びつきが強い魂は引き合って必ずどこかで出会えますね。

このブログへ出会って花ちゃんを知って本当に良かったです。
ナオミさん、このような大切なお話を語ってくださって、
ありがとうございました。

| usapiko | 2014/03/27 23:25 | URL |

初めまして。縁あって、去年の秋からいつも読ませて頂いてました。うちのうさぎさんもはなこと言います。漢字で書くと華子です。
今日は、皆さんと同じく涙が止まりませんでした。通勤の電車の中で読んでたのでやばかったです。
素敵で充実した11年でしたね。私も、もっともっとはなこと充実した時間を過ごして行きます。これからもいろんな想い出を教えてください。あまり無理なさらずにね。

| ぽんぽこ。 | 2014/03/27 23:40 | URL |

きっとまた巡り合いますね!

 はなちゃんとのあたたかいやさしい愛の日々が、すべて心に、ひたひたと、しみ込んでました。
心から、ありがとうございます。

私のうさちゃんを亡くし、うさぎの画像や動画をさまよっては、泣いたり反省したり、ボーっとしたり。。。
ふと、そっくりな花ちゃんを見つけ、お月様なんだ!と知り、愛と死を同時に見つめ、深い想いを、受け取りました。

ペットは、天使だから、一緒に過ごすことが、かけがいない時間にかわります。 
 花ちゃんは、天国で、ナオミさんからバナナをもらって、モグモグしたり、ダッシュで駆けつけた時を永遠に生きて、ハッピーでしょうね!

私の悲しみを、そっと癒してくれたナオミさんの素敵な回想録と花ちゃん ありがとう!

また、新しい出逢いがありますね♪




| みさ | 2014/03/28 00:00 | URL |

感謝の気持ちを伝えたくて

はじめまして。
以前から夫婦揃ってこのブログのファンです。(やたんの嫁です。主人は一足先にごあいさつさせていただきました。)オレンジネザーの女の子 、みかんと三人家族です。すずめの話やコマネチの話にうんうん分かるー♫と共感し、この人とは他人じゃないなーと勝手に親近感をおぼえておりました。ナオミさんと花ちゃんのすてきな思い出にほっこりと心があたたかくなったり、ふたりの絆の深さに時には胸がつまって涙がこぼれてしまったり。最近の私達の合言葉は「今日の花ちゃん見た?」です。
今回の花ちゃんお月様へのお話もたくさん泣いてしまいました。いつかは必ずやってくる日だと分かっていても想像するだけで苦しくなります。けれどまた会える。うん、きっと会う。また家族になろうね。ってお互い願ったら叶うと思います。そんなふうに考えたら勇気が出ます。花ちゃんとナオミさん達はお互いを本当に大事に思っていたんだなあって思います。その思いがこのブログにたくさんあふれていて私は幸せな気持ちになりました。こんなふうに心が通い会えたらと。ブログを立ち上げて下さって本当にありがとうございます。感謝の気持ちを伝えたくてコメントしました。(長文、読みづらいですがごめんなさい。)これからも楽しみにしています。あと最後に一言。少女のようにかわいくて、凛とした強さも持った素敵な花ちゃん、私はあなたの大ファンです。

| みーまま | 2014/03/28 00:15 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

いつも愛くるしい花ちゃんのお話が素敵で最初から読ませて頂きました。花ちゃんの最期も花ちゃんらしいお別れでした。うちにも花ちゃん×2倍の同じチェスナットの女の子10歳がいます。おバカですけどね。花ちゃんのお話がとても好きです。これからも応援してます。お辛いお話ですがお聞かせいただいてありがとうございました。

| うりうら | 2014/03/28 00:18 | URL |

しっかりと受け止めました。

ナオミさんの悲しみと感動を、こんなに沢山の方々と分かち合えたという現実を導いた花ちゃん。
なんて素敵なウサギさんなんでしょう。
そして、そんな花ちゃんを育て上げたナオミさん。
なんて素敵な方なんでしょう。

ナオミさん。
記事を書いて下さってありがとうございました。

また訪問させていただきます。

| 空恩 | 2014/03/28 01:10 | URL |

NoTitle

花ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
愛する人に抱かれて天国へ旅立ち、きちんとお別れできたんですね、花ちゃん、すごいですね。
そして、きっと、いつか また会えると思います。

|  703△ | 2014/03/28 02:45 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

はじめてコメントします。

ずっとブログを拝見させていただきました。
勉強になることもたくさんあり、とてもありがたく思っています。
また、花ちゃんが可愛くて可愛くて・・・ずっと拝見させていただいていました。
いつか、お月様に帰る記事が来るんだろうな、とは思っていましたが、いざブログ記事の題を見ると記事を読むよ勇気がなくて。。。やっと目を通し号泣してしまいました。

花ちゃん、最後の言葉は「またね」だったんじゃないかと思います。
私も自分の愛兎に最後は「またね」と言ってもらえるように頑張ります。
本当に、ありがとうございました。
また、ブログ拝見に来ます。

| ゆう | 2014/03/28 12:26 | URL |

NoTitle

涙が止まりません・・・
うちの子をもっともっと大事にしようと強く思いました。

とっても幸せな最期だったのですね。
それだけが救いです。
お二人の絆がしっかり感じられてなんて美しいんだろうと思ってしまいました。
これからも花ちゃんの話もっと聞きたいです。
また思い出したらお願いいたします。

| チカチカ | 2014/03/28 12:44 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

花ちゃんがお月様に帰ってからの回想プログとわかっていたのに、ショックでした。今日は、仕事中も度々思い出しては、あー、やっぱり、花ちゃん、お月様に帰っちゃったんだ…と考えていました。

花ちゃんは、最後に、お二人に感謝の言葉が言いたくて、お二人の言葉を繰り返して、「アウ・・・アウ・・・」と必死になって、伝えたのだと、私は思っています。お礼が言えてよかった、って花ちゃんも思って旅立ったと思います。かわいい花ちゃんは、世界一、幸せなうさぎさんでした。

| うさぎりんご | 2014/03/28 20:47 | URL |

いつも会話してたナオミさんと花ちゃんだもん、アウアウって、最後までお返事してたんですねT^T
弱ってたとはいえ、ペレットや桃も食べ、11歳まで生涯現役だった花ちゃん。
ナオミさん旦那さんと一緒に幸せな毎日を過ごせましたね^_^
明け方目が覚めて、花ちゃんがいないなんて、めちゃめちゃ焦ったでしょうね⁈
本当に最後だ、と思ったら物陰に行こうとするものなのかな?
もっちゃんも最後の最後は、その朝初めてケージから出たと思ったら、走り出して隅っこの方に行き、また走りながら出て来て横倒しになりながらも手足をバタつかせ、もう息が苦しくて苦しくて、そして静かになりました。
その悲しみは大きくて、外出先で、帰ってももっちゃんいないんだって思うと絶望し、帰ったら帰ったでやっぱりいないと絶望し、いつもいた場所を見るのも辛かった…そして二代目のむーちゃんをも亡くして、救いを求めていた時、ナオミさんのブログに出会いました。
ナオミさんと花ちゃんのステキなお話にわらったり泣いたり、コメントにもっちゃんむーちゃんのことも書かせてもらって、どんなに救われたかしれません。
本当にありがとうございました!
ブログ続けてくださると聞いてすごく嬉しいです♪
お月様にいる花ちゃん(もしかしたら地上に舞い降りてるかも⁈)に、しっかりラブレター届いてますね^_^

| きぃぼぅ | 2014/03/28 21:43 | URL |

こちらの記事が更新された日に読ませていただいたのですが、
ただただ悲しくて涙がこぼれ、すぐにはコメントもできず。。。
今日、また伺いました。

花ちゃん、ひとつ前の記事からお顔が違うなぁって気づいてました。
最期はこっそり旅立とうとした花ちゃんのこと、
ちゃんと看取ってあげられたのですね。

私も昔、手のひらで最期を看取ったセキセイのことを思い出しました。
その子は異変に気づいてすぐに抱き抱えましたが、
キュキュキュキュ…!と苦痛の叫びをあげながら、私が泣きながら名前を呼ぶなか、息を引き取りました。
異変に気づいてあげられず、ひっそりとお空に旅立っていった子もいました。

やっぱり、最期を看取れるって幸せなことですよね。
花ちゃんもやっぱり、気づいてもらえて嬉しかったと思います。
絶対また会おうねって約束したのだから、いつか必ず巡り逢える日がきますよ^^
二人の再会が叶うこと、私もずっとずっと祈ってます。

| urara* | 2014/03/28 21:47 | URL | ≫ EDIT

また会おうね。
アウ、アウ。

思い出しては何度も泣いてしまいました。

花ちゃんはナオミさんと旦那さんに愛されて、最高に幸せなうさぎさんだったと思います。

いつか必ず訪れるお別れも、2人と約束して旅立つことができてよかったと思います。

私もそのときを覚悟しないといけないのだなあと悲しくなりながらも、わが子みかん(オレンジネザー女の子2歳)が元気いっぱいであるとこにあらためて感謝しています。

ステキなお話をありがとうございました。

| やたん | 2014/03/28 22:13 | URL |

はじめまして。いつもブログ読ませていただいていつの間にか花ちゃんの大ファンになっていました。
花ちゃんがお月様に帰った日の記事は涙が止まりませんでしたが、最期までナオミさんご夫婦と一緒で花ちゃんはとても幸せだったのだろうなと思いました。
私もうさぎさんと暮らしています。そして、ペットショップでうさぎさんなど小動物の担当をしています。おうちの子はもちろん、お店にいる子たちもナオミさんのような素敵な家族にお迎えされ、花ちゃんのように幸せに過ごしてもらいたいと思います。

| のい | 2014/03/29 07:05 | URL |

こんにちは

初めまして、まはろんと申します。
ずっとブログを拝見しておりましたが、なかなかコメントする勇気がでず…今回が初めてとなってしまいました。

我が家にもうさぎさんがいますが、花ちゃんとナオミさんの信頼関係・絆にはただただ驚くばかりです。
毎日本当に幸せそうで、元気をたくさんもらいました。
大好きな人の胸の中で旅立てて、花ちゃんは本当に嬉しかったと思います。

花ちゃんのことを綴ってくださってありがとうございました。

| まはろん | 2014/03/29 09:18 | URL |

NoTitle

花ちゃんがお月様へ還る日が近づくにつれとても不安な気持ちにかられてました。
そして、最後の時。。、涙しながら読ませていただきました。なにか。。一言でもコメントを残したい。。と思いながらも言葉が見つからなくて。。ごめんなさい。

私が悲しみの中で苦しんでいたとき。。ふと出会った同じ「花」という名の可愛いうさぎさん。。回想録の姿に「同じ~!」といつも癒されてました。

いつも私の「ハナ」と書いてましたが診察券の名前は「花」なんですよ(#^.^#)。

ナオミさんの花ちゃんはナオミさんのたくさんの愛の中でとても安らかに幸せな表情でお月様に還ったのでしょう。

うん、花ちゃんの天使のようなお顔が目に浮かびます。。

と同時に私の花の最後の姿が思い出されちゃって。。とても苦しく、きっと痛い思いをさせてしまったのだろうと。。涙が止まらなくて。。(^_^.)



ナオミさんの花ちゃん、素敵なママ様の愛にたくさん包まれながらお月様に還れて良かったね。
いつかきっと。。きっとまた会えるよ!

ナオミさん、花ちゃん、素敵なブログをありがとう!

| ★nemo★ | 2014/03/29 11:26 | URL |

こちらのblogに巡りあい、うさちゃんがお月様に行った後に回想するのもありかなって思い、毎日楽しみにしてました。
そして、ハナちゃんとナオミさんの11年間に渡って築き上げた強い絆に、ただただ感動するばかりでした。
私には5才になるマロンがいますが、その強い絆に少しでも近づけるよう、日々の生活を大切に大事にしていきます。

これからもblog楽しみにしてます!

| maronママ | 2014/03/29 14:14 | URL |

ありがとう…花ちゃん

花ちゃん、ありがとう。ずっと応援してましたよ。以前、家族だったネザーのぴょん太とそっくりで…いつもブログ読ませて頂いてました。うさぎさんは亡くなる前は何故かじっと微動だにせず、こちらを見つめていますね…。きっとありがとう言っているのだと思っています。うさぎさんは黙っていても可愛いオメメで感謝を伝えてくれるのですね。本当にいとおしくてたまらないですね♪

| ぴょん太ママ | 2014/03/29 15:03 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

花ちゃんとナオミさんのブログ。
しっかりと読ませていただきました。
こんなに幸せな子はいないと思います。
苦しまず、眠るように逝った花ちゃん。

ナオミさんは、また、きっとどこかで花ちゃんに会えると信じています。

これからもブログ楽しみにしています。
ありがとうございました。

| ポンママ | 2014/03/30 16:16 | URL |

育松さんへ

育松さんも悲しいお別れを経験されたことがあるんですね。
思い出すと寂しいですよね。
その分今一緒にいる子との生活はかけがえのないものですね(^^)
こちらこそ読んでいただきありがとうございました。

| ナオミ | 2014/04/01 13:55 | URL | ≫ EDIT

みほさんへ

今までの記事読んでくださってたのですね。
コメントありがとうございます。
私と花ちゃんのこと知ってくださって嬉しいです。

今うさぎさんと暮らしてらっしゃるんですね。
これからもうさぎさんの話を書いていけたらいいなと思ってます(^^)

| ナオミ | 2014/04/01 14:01 | URL | ≫ EDIT

小太郎の親父さんへ

毎日見て下さってたのですか(>_<)
嬉しいコメントありがとうございます。
花ちゃんのすごさには私もいつも感動していました。
もっと早くブログやっておけばよかった(笑)
でも今は書き終えてなんとか満足しています。

| ナオミ | 2014/04/01 14:05 | URL | ≫ EDIT

リサリサさんへ

リサリサさん、うさぎさんと暮らしてたんですか!
どうりでうさぎの気持ちがわかる方だと思いました(笑)
私と花ちゃんのこといつも応援してくださってありがとうございました。

お友達に、、嬉しいです(〃ω〃)
私はおそらくリサリサさんより(イメージで)かなり年上の
垢抜けないおばちゃんですが機会があればお会いしたいですね(^^)
これからも色々お話してください。
よろしくお願いします。

| ナオミ | 2014/04/01 14:12 | URL | ≫ EDIT

あやひめさんへ

はじめまして。コメントありがあとうございます。
おとぎ話の主人公のように花ちゃんを見てくださってたのですね。
嬉しいです。あやひめさんの中で生きていた花ちゃん、幸せですね(^-^)
悲しませてしまってごめんんさい。でも今後も思い出したら書いてみますね。
あやひめさんとももたんとの生活も長く続きますように!


| ナオミ | 2014/04/01 14:17 | URL | ≫ EDIT

るり玉さんへ

花ちゃんとの最後をもう一度見つめ直す段階になってちょっと辛かったけど、
るり玉さんと一緒にお月様へ見送ったお話が出来てよかったです。
家で看取ることが出来るって幸せなことですよね。
立派な人参を育ててくださいね。きっとメロディちゃんも喜びますね(^-^)
私もやっと春を迎えることが出来ました。
ちょっと荒れてしまったベランダのお手入れも始めようと思います。

| ナオミ | 2014/04/01 14:24 | URL | ≫ EDIT

ちこままさんへ

もう一度この時期を回想するのちょっと気持ちが沈みました(^_^;)
でも同じ気持ちの方たちとお話出来て私も救われました。
ちこままさんにも感謝してます。
お月様へ行ったうさぎさんたち今はきっとみんな元気いっぱい遊んでるはずですね。
わたしたち、きっとまた会えますよ!


| ナオミ | 2014/04/01 14:29 | URL | ≫ EDIT

sheepunさんへ

最初から読んでくださったんですか(>_<)
やはり悲しい記事になってしまったけど、温かいものを感じていただけて嬉しいです。
私自身がそうだったのでね。伝わって良かったです。
犬を飼っていて、今はうさぎさんですか。一緒ですね(^-^)
やりたい放題・・元気の良い子なんですね。
そんな子も可愛いですよね、これからもっと仲良くなるのが楽しみですね。

| ナオミ | 2014/04/01 14:36 | URL | ≫ EDIT

ぼたん母さんへ

ぼたんちゃんはまだ若いのに、こんな記事読むの辛いですよね(>_<)
悲しくさせてしまってごめんなさい。
でも読んで下さってありがとうございました。
花ちゃんはかわいいままだったんですよ。最後まで私は幸せでした♪

| ナオミ | 2014/04/01 14:39 | URL | ≫ EDIT

きゃまだんさんへ

お母様も桃を最後に召し上がってたのですね。
大事な思い出を教えて下さってありがとうございます。
桃がそういう果物とは知りませんでした。
ただの美味しい果物としか思ってなかったので嬉しいです。
最後に食べさせてあげられて良かった(>_<)

これかもブログ続けていきますね。
ご主人様にもよろしくお伝えください!

| ナオミ | 2014/04/01 14:46 | URL | ≫ EDIT

usapikoさんへ

花ちゃんのように私も立派な最期を遂げたいです。
でも難しいことですよね。
桃源郷・・・あぁ全く頭にありませんでした。
旅立つ前に桃を頬張れて良かったかもしれませんね。
天国に連れて行ってくれそうですものね(^-^)
去年は一人で食べるの止めてたんですが、
私も大好きな桃、今年は食べることにします(笑)

| ナオミ | 2014/04/01 14:57 | URL | ≫ EDIT

ぽんぽこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
華子ちゃん、同じはなちゃんなんですね。
通勤電車の中で泣いちゃいましたか?すみません(>_<)
華子ちゃんとの思い出が今後いっぱい増えるといいですね。
私も楽しい記事、書いていきたいと思ってますからね♪

| ナオミ | 2014/04/01 15:06 | URL | ≫ EDIT

みささんへ

こちらこそありがとうございます。
みささんのうさちゃんもお月様在住でしたか。
きっと花ちゃんたちと一緒に今頃元気いっぱい遊んでますね。
私もブログを始めてからたくさんコメントで励まされました。
みささんもいつか巡り会える時を楽しみに、元気出して下さいね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 15:13 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

花ちゃん最後までナオミさんとpapaさんに
きっと幸せな11年間の感謝の気持ちを
精いっぱい伝えてお月様へ旅立っていかれたんでしようね。
deka-mamaも歴代のdekaたちとの別れが重なり
たくさんの涙がとまりませんでした。

うちの子たちもお目めぱっちり
愛くるしい顔で旅立ったことを思い出します。
2代目の子はありがとうの声を発して旅立ちました。

今頃はおっ月様でたくさんの皆さんのお子達と
お友達になってぴょんぴょこ遊びながら
「あのね。こんなに楽しい生活をしてたのよ」ってお話していることでしょう。

出会いがあり別れは必ずやってくるもの。
私も三度の別れを思い出すたびに何年経っても涙してしまいます。

でも今、いっぱい愛したdekaとのふれあいを
楽しかった時を思い出しながらBlogを綴っています。

花ちゃんとナオミさんのファンの一人として
これからもいろんな思い出をBlogに綴っていただきたいと思っています。
きっと花ちゃんは喜んでくれることでしょう。



| deka-mama | 2014/04/01 15:16 | URL |

みーままさんへ

はじめまして、みーままさん。
コメントありがとうございます。待ってたんです~(^-^)
夫婦でブログを読んでいただけるっていうのは本当に嬉しいです。
共感していただけて、私もみーままさんと他人じゃない気がしますよ。
花ちゃんも嬉しいと思います。
みかんちゃんにもよろしくお伝えください♪

| ナオミ | 2014/04/01 15:22 | URL | ≫ EDIT

うりうらさんへ

最初から読んでくださってありがとうございます(>_<)
チェスナットの女の子2倍で10歳ですか。
わぁ~なでなでしたいな、、。
おバカでも(笑)かわいいですよね。元気で長生きしてくれるといいですね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 15:28 | URL | ≫ EDIT

空恩さんへ

ほんとですね。
私1人の回想録をたくさんの方が一緒の思いで読んでくださったこと、
思いがけない感動です(>_<)
これも花ちゃんが天使だったからだと思います。
こちらこそ読んでいただきありがとうございました。

| ナオミ | 2014/04/01 15:33 | URL | ≫ EDIT

703△

コメントありがとうございます。
前のワンコの時は家に居なくてお別れが出来なかったので
きちんとお別れが出来たこと、悲しくても幸せなことだと思います。
れ~ろちゃんとも花ちゃんとも、いつかまた皆きっと会えますよね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 15:43 | URL | ≫ EDIT

ゆうさんへ

コメントありがとうございます。
ずっと読んでくださってたのですね。
花ちゃんのこと可愛いって思ってくださって嬉しいです(>_<)
ゆうさんも今琥珀ちゃんと一緒なのですね♪
楽しい思い出をいっぱい作って仲良くして下さいね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 15:49 | URL | ≫ EDIT

チカチカさんへ

先日のコメントの時、お名前とブログが一致してませんでした。
「うーたん日和」私も以前から時々拝見してました(^-^)
自分でもこんなに絆が深められたことには驚きです。
花ちゃんの思い出を交えながらブログ続けていきたいです。
うーたんとの楽しいお話もまた読ませて下さいね。

| ナオミ | 2014/04/01 15:57 | URL | ≫ EDIT

うさぎりんごさんへ

回想ブログなのに読んでくださった方の心の中で生きることが出来ました。
花ちゃん幸せです(>_<)
世界一幸せと言ってもらえて私も幸せです。
今後もまた思い出を交えながら楽しい記事が書いていけたらと思ってます。
良かったら見に来て下さいね。

| ナオミ | 2014/04/01 16:09 | URL | ≫ EDIT

きぃぼぅさんへ

生涯現役でしっかりしていられたのは幸せなことですね。
花ちゃんが隅っこに行ったとき、這って行って倒れたようなかっこでした。
色々話を聞くとやっぱり物陰に行こうとするみたいですね。
花ちゃんとの思い出を混じえてブログ続けたいと思ってるので
もっちゃんたちの話も今後も聞かせてもらえたら嬉しいです(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 16:17 | URL | ≫ EDIT

urara*さんへ

コメントしにくい記事なのにありがとうございます。
顔が少し変わってますよね。
でも不思議と最期の顔は若い頃に戻ったみたいなあどけない顔だったんですよ。
私も今までの子は看取れなかったので、今回は良かったと思います。
約束があるので、いつか私が天国に行く時もスキップしていけそうです(^-^)
地獄に行かないように気を付けないとね(^_^;)

| ナオミ | 2014/04/01 16:22 | URL | ≫ EDIT

やたんさんへ

私も花ちゃんが絞り出した声「アウ、アウ」を思い出すと
どうしても涙が出てしまいます。
やたんさんとみーままさんにコメントをいただいて、
きっとみかんちゃんも幸せなうさぎさんだろうと想像してます(^-^)
みかんちゃんが花ちゃんに負けないくらい長生き出来ますように!

| ナオミ | 2014/04/01 16:27 | URL | ≫ EDIT

のいさんへ

はじめまして。大ファンなんて、花ちゃんが喜びます。
ありがとうございます。
幸せだっただろうと言ってもらえると私も嬉しいです。
家でうさぎさん、ペットショップで小動物担当だなんてうらやましいです。
のいさんに世話される子はきっと安心ですね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 16:32 | URL | ≫ EDIT

まはろんさんへ

私も以前からブログ存じてましたよ。
今回は初コメント嬉しいです。ありがとうございます(^-^)
花ちゃんとの信頼関係は自分でも不思議なくらいです。
花ちゃんじゃなかったらきっとこんなには無理だったと思います。
こちらこそ読んでいただきありがとうございました。

| ナオミ | 2014/04/01 16:38 | URL | ≫ EDIT

nemoさんへ

nemoさんにも同時に悲しいこと思い出させちゃいましたね。
私も去年の夏辛い時にnemoさんとnemoさんの花ちゃんのことお話出来て良かったです。
きっとお月様で一緒だろうと思って、慰められました。
nemoさんの花ちゃんも今頃はnemoさんとの楽しい思い出と共に過ごしていると思います。
もう苦しんでなんてないですよ。いつかまた会いましょうね(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 16:47 | URL | ≫ EDIT

maronママさんへ

回想録なんて誰も読んでくれないかな、と最初は思ってました。
たくさんのかたに読んでいただけてけて感激です。
毎回読んでいただきありがとうございます。
マロンちゃん5歳かぁ(^-^) これからも思い出いっぱい作って下さいね。

| ナオミ | 2014/04/01 16:54 | URL | ≫ EDIT

ぴょん太ママさんへ

花ちゃんのこと応援していただきありがとうございました。
ぴょん太くんとそっくりだったんですね。ぴょん太くんにも会いたかったです。
ずっと見つめる様子も同じだったんですね。
ありがとうって言ってたのかな。私たちの感謝も伝わってるといいですね。

| ナオミ | 2014/04/01 16:59 | URL | ≫ EDIT

ポンママさんへ

読んでいただきありがとうございました。
花ちゃんといつか会えることが楽しみです。

寂しい中ポンさまやシンバくんも私に癒しをくれました。
私もポンママさんのブログ楽しみにしてます♪

| ナオミ | 2014/04/01 17:31 | URL | ≫ EDIT

deka-mamaさんへ

deka-mamaさんは3度もお別れを経験されたんですね。
お別れと出会いを繰り返して、、いろんな思い出があったんでしょうね。
そしてうさぎさんが大好きなんですね。
お別れのときのような笑顔で、今もお月様で
みんなでワイワイ遊んでくれてたらいいですよね。
私もまた花ちゃんのこと思い出しながらブログ続けていこうと思います(^-^)

| ナオミ | 2014/04/01 18:22 | URL | ≫ EDIT

花ちゃん

もっと早くコメントさせて頂きたかったんですが、この日の回想録は涙が止まらず読ませて頂くだけで精一杯でした。
でも何度読ませて頂いてもやはり涙が止まらないです・・・
ナオミさんの書かれる文章は本当に温かくて、毎回心を揺さぶられます。

ナオミさんと旦那さんの花ちゃんへの想い、花ちゃんのナオミさんと旦那さんへの想いが痛いほど伝わり、お別れは本当に悲しい事ですが、花ちゃんの想い出は永遠なので、その素晴らしい11年間を誇りに思ってくださいね。
花ちゃんとの暮らしでより一層ご夫婦の間の絆も深まったのではないでしょうか?
私も夫婦2人の生活なので、うさぎさんをお迎え出来たら更に夫婦の絆も深まるだろうな~と思っています。

最後の花ちゃんの言葉は感謝の言葉だったと思います。
花ちゃんもナオミさん夫婦と過ごした幸せな日々を、お月様で仲間のうさぎさんにいっぱいお話していますよ!

| うさ | 2014/04/06 16:53 | URL |

うささんへ

温かいコメントありがとうございます。
うささんが、最初にコメント下さったときに
花ちゃんのすべての写真や動画が見たいといって下さったの嬉しかったです。
その言葉でアップした記事もありましたから。
花ちゃんとの11年間を私の人生の誇りにしたいと思います(^^)
花ちゃんは今も私の心の支えです。

夫婦の絆も深まったと思います。
ここだけの話、子供のいる夫婦よりよっぽど強いかと(笑)
うささんもそんな生活おすすめしたいです。

| ナオミ | 2014/04/06 23:17 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントします

生後1ヶ月のネザーがうちに来て1週間、初めてうさぎを飼うのでネットで色々検索していてこちらに辿り着きました。
記事、数日かけて全部見させて頂きました。
本当に、ナオミさんは心の優しい方で、花ちゃんもとっても優しいうさぎさんで、お互いがとても想い合ってるのがすごくよく分かります!
ナオミさんみたいな素敵な飼い主さんになりたいです。
私はまだうさぎさんとの生活は1週間ですが、これから心を通わせて、ナオミさんと花ちゃんみたいになりたいです(*^^*)

この記事は、涙が止まりませんでした。
生き物を飼うということは、必ずお別れが来るってことですもんね…
限られた時間で、うさぎさんにとって楽しい日々が過ごせたらいいなと思っています。

| ちくわママ | 2014/04/21 07:46 | URL |

ちくわママさんへ

生後1か月ですか!まだまだあどけないでしょうね。
とても大事な時期だと思うので、愛情たっぷり育ててあげてくださいね(^^)

花ちゃんの回想録を最初から最後まで読んで下さったのですか。
嬉しいです。ありがとうございます(>_<)
私にとっても初めてのお世話だったので、
失敗だらけで辛い思いもたくさんさせてしまったのですが、
そういっていただけると嬉しいです。

ちくわママさんもこれから楽しい思い出いっぱい出来ますね。
きっと大切にされるんでしょうね、コメントから伝わってきます(*^-^*)

| ナオミ | 2014/04/22 01:00 | URL | ≫ EDIT

花ちゃんの回想録全て読ませていただきました。
花ちゃんとナオミさん(もちろん旦那様もですが)の強い絆と深い愛にとても感動しました。
花ちゃんがお月様に旅立ち3年という時を経てもこうして私のようにまた1人、花ちゃんを忘れない人間が増えました。
花ちゃんの写真を見るとミルちゃんに似たところが多々あり、思い出してほほえましくなります^^
コマネチラインも子供の頃ははっきりとありました^^
お月様でミルちゃんと花ちゃんが仲良く遊んでくれたていたら嬉しいです。
このブログに出会えたのも何かの縁です。
きっと新入りのミルちゃんと花ちゃんは自由に走り回って遊んでくれていると信じています^^

もうすぐ花ちゃんの日ですね!
ミルちゃんの月命日ももうじき5日に訪れます。
花ちゃんとミルちゃん、それからお月様にいるたくさんのお友達みんなが幸せであるように...★
引き続きまおちゃんとの毎日も楽しく読ませてもらいます^^
素敵な回想録をありがとうございました!

| あや | 2016/08/03 14:42 | URL |

あやさんへ

お返事が遅くなってしまってすみません!
全て読んでくださったのですね。
写真も古くて、つたない文章だったと思いますが、
そんな風に言っていただきうれしいです。本当にありがとうございます。
あやさんがこうしてコメントをくださったことで
ミルちゃんと花ちゃんもお月様で出会えてる気がします(^^)

明日は花ちゃんの日です。
ミルちゃんの月命日は昨日だったんですね。
こんな日は思い出がまたよみがえりますよね。
花ちゃんの日はゆっくり花ちゃんとお話ししたいと思います(^-^)

| ナオミ | 2016/08/06 17:48 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/167-ddbe08da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT