うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お別れまでの大事な時間

束の間の奇跡の後、
徐々に花ちゃんは大人しくなりました。

物陰を好むようになり、
日向に出るのを止めてしまいました。

お腹の調子も少し不安定になって
それまで一度もしたことのなかった軟便も少ししました。

お尻が汚れて、、これは私も初めてのことで戸惑いました。
毛が汚れるとなかなか取れないものなんですね。
思い切って毛を切ってからお尻だけ洗って乾かしました。

花ちゃんは抵抗することなく身を任せてくれました。

食欲が減らなかったのは救いでした。
食べてる時は相変わらずイキイキしていたんです。

元気な頃700個くらい(最高900個)していたうん●は
最後の日の数日前には450個くらいまで減りましたが
それでも立派な数だったんじゃないかなと思います。
(毎日数えていたわけじゃありませんよ

hana-yorikakari

常に私の手や足に吸い付くように身を寄せてきました。

hana-kuttsuki

ちょっと離れるだけでも心細そうにするようになりました。
少し体にハリ(筋肉)がなくなったかな。。

hana-asinikao

私にもたれている時が一番楽なように見えました。
だから、ますます離れられなくなりました。

でも花ちゃんはまだしっかり自分のことは自分でしていたし、
私も花ちゃんも、ベタベタしながら明るく楽しく過ごしていました。

決してこの時期、暗い日々を送っていたわけではありません。
泣きながら過ごしていたわけでもありません。

私もたくさん話しかけていたし、
花ちゃんも「クワッワワックワー」と
一生懸命に声を出してお話してくれました。

それでも、最後のへやんぽの時に
付いて来れなくなった花ちゃんを見て
この先は介護が必要になるかも知れないと思いました。

その数日後の朝、出勤日なのに私から離れようとしない花ちゃん。
いつもとは違う目をしていました。
もう花ちゃんを置いて行けない。仕事は完全に辞めようと思いました。
(非常勤のお仕事をしてます)

電車の中で心を決め、出勤してすぐ、辞めたいと相談したところ
無期限の長期休暇をもらうことになりました。
花ちゃんは家族だからと理解してもらえました。
良くなったら出てきてと皆に言ってもらいました。

これからは何の心配もなく花ちゃんとずっと一緒に居られる。
そう思うとホッとしました。

「明日からずっと一緒だよ」
家に帰ってすぐ花ちゃんを抱っこして、
私は安堵感でいっぱいでした。


でもお別れはその翌日だったのです。。

その時は静かに訪れました。
次はお月様へ帰った日のことを書きたいと思います。




2つのランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング うさぎ ネザーランドドワーフへ   にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
お忙しい中応援ありがとうございます!

関連記事

| *2013年お別れまで | 03:37 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

花ちゃん、ナオミさんがそうまでして自分と一緒にいる時間を選んでくれたこと、その気持ちでナオミさんの愛の大きさを確信して、それでお月様に出発したんですね。

花ちゃんは最後まで出来た女性です。ナオミさんのお仕事の迷惑はこれ以上かけないように、長期休暇を取る翌日に出発したのかなと思ってしまいます。


会社の皆さんも本当に良い方ばかりで良かったです。
でもそれはナオミさんが積んだ得ですよ。


奇跡の時間の後に元気が無くなってきてしまって、お腹の調子も悪くなってしまって、ナオミさんもとても不安だったことと思います。

ナオミさんの大切な大切な花ちゃんとのお話、毎回気の利いたコメントもろくに出来ませんが、でも応援しいます。

うまくかけないけど、私にとってもナオミさんのブログはとても大切だから。

| リサリサ | 2014/03/26 08:04 | URL |

はなちゃんは、静かに静かに死を受け入れて、覚悟して旅立って行ったんですね。
でも、大好きなナオミさんと離れるのが寂しくて、ずっとひっついていたのかな。
最後までご飯を食べれたのは、よかったですね。

ちこは、最後の3日間は飲まず食わずで立てなくなり、大嫌いな注射や点滴をして、かわいそうな思いをさせてしまいました。
私も、介護の覚悟を決めて、楽にもたれられる様に、ケージの中に入れるクッションを買いに出てる間に、息をひきとりました。
とても苦しそうだったので、神様に楽にしてあげて下さいとお願いしてしまった自分が許せなくて…
寝たきりになっても介護してあげたかったなと思います

| ちこまま | 2014/03/26 15:04 | URL |

そっか…花ちゃん、ちょっとずつ体の機能が落ちていってしまったのかな?見た目は変わらないし、どこが痛いとか言わないから分かりにくいですね。
ウンチの量が減ったとはいえ、もっちゃんからみたら夢のような快便ですf^_^;
最後の方は、体にチカラが入らない感じ、よく分かります。
私はもっちゃんの介護でちょっと疲れてて、でも明日からまたがんばらないと!と思っていたので、ゆっくり眠りたかったし寝る前ケージにそっと入れたんです。
そしたらもっちゃん、えっ?と言うような何とも言えない寂しそうな顔して…はぁ(´Д` )お別れは本当につらいですね;_;
ナオミさんも仕事辞めると決断するほど、花ちゃんの様子が切羽詰ってたんでしょうね。
でもまさか翌日に亡くなるなんて!
切ないです(´・_・`)

| きぃぼぅ | 2014/03/26 21:56 | URL |

NoTitle

お別れまでのお話に入ってから、毎回涙があふれてきます。
花ちゃんは最後までイキイキご飯を食べられて本当に良かった。

メルモちゃんは半年くらいほぼ寝たきりで、ご飯は柔らかくしたペレットや野菜でした。私たち三姉妹は順番に結婚や仕事で家を出ていたので、それぞれ実家へ通いましたが、やはり母にはメルモちゃんの介護で心身ともに負担をかけてしまいました。その時何が大切かって考えて、もっと会社を休んでメルモちゃんのお世話に行けばよかったと、未だに後悔しています。

ナオミさんのお仕事を辞めるという決断、大切なのは花ちゃんという揺るぎの無さ。花ちゃんはこんな家族を持てて幸せですね。そして職場の方々の理解のある対応に、ナオミさんの日頃からのお人柄がわかる気がしました。
花ちゃんその翌日に亡くなってしまうなんて。本当に辛かったですね。

母はメルモちゃんが逝った時、メルモはお母さんが介護で体を壊したり、メルモを病院へ連れて行くのが負担になると思って逝ってしまったの?そんなこと何でもなかったのに、と言って泣いていたのを覚えています。どんなに親身に世話をし愛していても、残されたものはそんな風に考えてしまうんですよね。

花ちゃんはナオミさんがそんな風に後悔したりして苦しまないように、
じっと見つめたりくっついたりして、大好きだって幸せだって伝えていたのかもしれませんね。




| usapiko | 2014/03/27 00:39 | URL |

お別れのお知らせなのかな。

花ちゃんがナオミさんをじっとみつめて、いつも身体の一部をくっつけて、よりかかってというのは、「ずっと一緒にいたいな」という気持ちに、これまでの愛情とお互いの信頼への感謝と、もう言葉では説明できないいろんな感情、想いの表現ですね。
花ちゃんのそうした様子から、ナオミさんになんとなく「もう長くはないかもしれない」って感じてもらって少しずつ覚悟を準備させてくれたこと、一番の優しさな気がします。
花ちゃんが急に元気になったり、じっと見つめたり、いつもと違う雰囲気だったりっていうのが、私には自分の母が亡くなる1ヶ月にダブってしまいます。人間も動物も、同じなのですね。
この段階の花ちゃんってナオミさんの保護者(ある意味で守護神)に見えてきました。

最期までしっかり食べて、うんちもできて、愛する人と会話して、とっても素敵な生涯を送れた花ちゃん、ナオミさんのおかげで最高に幸せだったと想います。

お仕事を長期休暇にできたのも、お別れのできる時間をくれたのも何もかも、神様が巡り合わせをよくしてくださったかのようです。

次のお話を読むのがつらいですけど、こちらも覚悟してお待ちしてます。

| きゃまだん | 2014/03/27 02:05 | URL |

NoTitle

花ちゃん、自分の最期がわかっていたみたいですね。

でも、長期間の介護とかにならなかったのは 放し飼いで十分運動出来ていたからなのかもしれませんね。

福ちゃんは トイレでのシッコは問題ないと思うけれど、トイレでのウンチ確率が60%くらいだから 放し飼いは微妙な感じ。

一部屋全体を自由にさせるのは無理でも、将来 部屋の半分くらいは自由にさせてあげたいな。

次回は ティッシュ用意してから読みたいと思います。

| コロ蔵 | 2014/03/27 04:14 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

こんにちははじめまして。
いままで閲覧させていただくだけでしたが、
ココ最近の記事を読んでて涙がめっさ出るので
思わずコメントしました。
花ちゃんは幸せなうさぎでしたね。
最期の話はつらいでしょうが話すことで
楽になりますこともあるでしょうし、
ゆっくりお話を聞きたいです。

| チカチカ | 2014/03/27 12:47 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

花ちゃんとナオミさんとの強い絆を感じられるお話でした。
もう涙が出てうまくコメントできません。

ほんとうにとっても貴重な時間を過ごされて
花ちゃんはきっと嬉しかったことでしょう。
お仕事のことも長期休暇にしてもらえるなんて
日頃のお仕事に向かう真摯な態度が
あったからだろうなって思います。

私のお別れは入院中で異変を感じられる人もなく
触れ合うこともできずあっけなく逝ってしまいました…。
今でもそのことを思うと「どうして…その時期だったの…」と
涙があふれてきます。

次回はいずれ来るお別れの悲しいお話。
心して拝読したいとお思います。
 

| deka-mama | 2014/03/27 15:14 | URL | ≫ EDIT

リサリサさんへ

花ちゃんはほんと出来た女性ですね。
最期まで全く手のかからない子でした。

仕事先の人が理解してくれたのはありがたかったです。
ペットの介護がしたいと正直に言ったのでは
通用しないところたくさんあるでしょうからね。

ブログでも、
リサリサさんにも皆さんにもいつも支えられて感謝してます(^^)

| ナオミ | 2014/03/27 17:31 | URL | ≫ EDIT

ちこままさんへ

ちこちゃんは最期は治療をしていたんですね。
神様に楽にしてあげてとお願いする気持ち分かりますよ。
1日でも長く一緒にいたいとも思うけど、
そのために苦しい思いはさせたくないですものね。
ちこちゃんのためにも、ちこままさんのためにも良い時を
ちこちゃんは選んだんじゃないでしょうか。
花ちゃんもそうでしたから。。

| ナオミ | 2014/03/27 17:43 | URL | ≫ EDIT

きぃぼぅさんへ

花ちゃんの体の変化は目に見えてという感じではなかったので、
気にしない人だったら気付かなかったかも知れないですね。
私が仕事辞めるほど覚悟したのは、ほとんど花ちゃんの表情からだったので。

もっちゃんは目に見えて弱っていたんですよね。
元気なうちにというのも、弱ってからというのも別の辛さがありますね。。

| ナオミ | 2014/03/27 17:48 | URL | ≫ EDIT

usapikoさんへ

メルモちゃんは半年も寝たきりだったのですか。
でもお母様を中心に三姉妹皆さんで手伝われて介護されたんですね。
家を出た家族が頻繁でなくても代わる代わる戻ってきてくれて、
メルモちゃんも嬉しかったと思いますよ。

花ちゃんには私しか居なかったので、ひとりにしておけないと思いました。
私も介護する覚悟は決めていたのに花ちゃんがそうさせてくれませんでした。
お母様の愛情もとてもよく分かります。
でもメルモちゃんも、もう十分満足して逝ったのかも知れないですね。

| ナオミ | 2014/03/27 17:55 | URL | ≫ EDIT

きゃまだんさんへ

きゃまだんさんも、そう思われましたか。
私も人もうさぎも同じなのだなと思っていました。
もうすぐ逝かなければならないと感じている目はまさに一緒でした。

晩年の花ちゃんには、私もママというより娘として接してた気がします。
そして本当に守り神のような存在でしたよ。
最期まで私のことを思ってくれていたと感じてます。

| ナオミ | 2014/03/27 18:03 | URL | ≫ EDIT

コロ蔵さんへ

そうですね、花ちゃんは自分の最期分かってたようです。
最期まで寝たきりにならなかったのは、確かに放し飼いで足腰が強かったからかも。

花ちゃんも放し飼いを始めたのはある程度大人になってからです。
トイレを覚えてくれないと難しいですよね。
部屋の半分もあれば運動量としては十分だと思いますよ(^^)

| ナオミ | 2014/03/27 18:10 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

花ちゃん、最後の最後までナオミさんのそばに居たかったのでしょうね。
べったり寄り添っている姿を見ると、胸がぎゅーっとなりました。

●の量・・・減ったとはいえ、うちからしてみればとても快便で羨ましいです。
モコちゃん、やっぱり●の量が標準より少なめなようで不安です。
うちも、今度またじっくり数えてみよう。

「明日からずっと一緒だよ。」と約束したその翌日がお別れの日だったなんて・・・
もう、悲しすぎてうまく言葉が出ません。。。

| urara* | 2014/03/27 18:11 | URL | ≫ EDIT

チカチカさんへ

はじめまして!
読んで下さっていたんですね、ありがとうございます。
ちょっと悲しい記事になってしまってごめんなさい。
でも花ちゃんのことを知って、一緒に泣いてくださる方がいること嬉しいです。
私も思い切って書き始めましたが、気持ちの整理が出来そうです。

| ナオミ | 2014/03/27 18:13 | URL | ≫ EDIT

deka-mamaさんへ

長期休暇は結局は必要なくなってしまいましたが、
相談した次の日から対応してもらえたことはありがたかったです。
来週からと言われていたらちゃんと看取ってあげられなかったかもしれないので。
仕事ぶりは、大したことないですけどね(^_^;)

dekaちゃんも自分で時期を選んだのかも知れないですよね。
他の方の話を聞いても、それぞれの子が自分なりに選んでる気がします。
花ちゃんも隠れて逝こうとしましたし
悲しませたくない、というdekaちゃんの配慮もあったかも知れないですね。

| ナオミ | 2014/03/27 18:23 | URL | ≫ EDIT

urara*さんへ

最期まで食べて、出して、してくれたのは救いでした。
他の人が見たらもう間もない逝こうとしてる子だとわからなかったかも。

花ちゃんは、特別に●が多かったみたいだから比べない方がいいかも(^_^;)
でもモコちゃん自身のバロメーターとして把握するのはいいかもですね。
たくさん●してくれるのは最高に嬉しいですよね。

| ナオミ | 2014/03/27 18:27 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/166-7cfd3507

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT