うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ずっと一緒にいたい・・・。

高齢になるにつれて、どんどん甘えん坊になった花ちゃん。
特に体の衰えを感じ始めてからは私達から片時も離れなくなりました。

hana-kutsusita


夕食の時には毎晩旦那を見つめ続け、おやつをおねだりするように。
(おやつはひとかけらの新鮮な果物、または野菜です)

決して『おやつをちょうだい』というわけではありません。
でもこんな顔で見つめられたら何かあげないわけにはいかないと、
旦那は箸を止めておやつを出していました。

本当はおやつは食事の後って決めてたのに。
私達も晩年は甘くなりました。

201303242031591.jpg
2013年3月24日

201304262205491.jpg
2013年4月26日

まるで同じ写真のようですが、別の日です。
毎晩、毎晩、私達が食事をしている時には
同じようにこうやってじーっと見上げていました。
ほんと甘え上手ですね。

美味しい物を悔いのないように食べて置こうって
思ってたのかしら。


そして食事が終わってからは
今度は私の膝にくっついてずっと私の顔を見上げていました。

hana-hizani.jpg

そんなにじっと見つめられたら、涙出そうだよ…。

hana-kuttsuki.jpg

「そんなに甘えてどうしたの?」って言いながら、
毎晩、眠るまで花ちゃんをなでたり抱っこしたりしてました。

こうしていると、この頃はまるで花ちゃんと一心同体。
いつも心が通じ合っていると感じていたし、
自分の一部のようにも感じてしまったほどです。

病気だったわけでもないのに、今思うと少し変ですが
今一緒に居るべきだと感じていました。
花ちゃんがそう強く望んでいたのは確かでした。

だから花ちゃんを寂しい気持ちにさせたくなくて
5月中旬からは減らしていた仕事をさらに減らして
家で長い時間一緒に過ごすようになりました。

お月様に帰るまでの2ヶ月
たくさんお話が出来て、本当に良かったと思います。

こんなに見つめ合ったんだから
花ちゃんは私達の顔を忘れるはずがないですね。




2つのランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
人気ブログランキング うさぎ ネザーランドドワーフへ     にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます。
関連記事

| *2013年お別れまで | 02:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NoTitle

花ちゃんは、おやつももちろん嬉しいけど、ほしいのはおやつじゃなくて、
花ちゃんを見てくれること、花ちゃんのために何か(おやつを出すとか)してくれること、
花ちゃんのほうを向いてくれること、だったんじゃないかな。

ほんと、こんな風に見つめられたら切なくなっちゃいますね。。。
花ちゃんはナオミさんの笑顔を胸に刻もうと思っていたんでしょうね。
次に会うときすぐにわかるようにね!
ナオミさんが時間を作ってくれてたくさん一緒に過ごした2ヶ月、
花ちゃんはとても幸せだったでしょうね。

| はなこ | 2014/03/23 04:51 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

こんな愛らしいお顔で見上げられたら何でもしてあげたくなりますね。。

花ちゃんも毅然と振舞う中、自分の衰えに不安を感じていたと思うし、お月様に行く日が1日1日近づいてきて悲しく切ない気持ちもあって、でも伝えたいことも沢山あったからいっぱい甘えてたんだと思います。


花ちゃんもナオミさんと心が通じ合ってると感じていたはずだから、花ちゃんは伝え残すことも後悔もなく、胸を張って幸せだという気持ちでお月様に出発したと思います。


なによりも花ちゃんに全てを捧げたナオミさん、花ちゃんを最高に幸せな一生にしてお月様に送り出したと自信を持って大丈夫です。


花ちゃんはナオミさんのこと絶対忘れないです。
そしてまた必ず会おうって花ちゃんも思ってるから、ちゃんと会えます。


ナオミさんが花ちゃーん!!!って呼んで、花ちゃんがお耳をピーンと立てて立ち上がる姿が想像できます♡

| リサリサ | 2014/03/23 12:20 | URL |

うわー(;o;)
こんな姿でずっと見つめられたら、切なくて仕事に行けませんね。
はなちゃんは放し飼いだから、子供のようにナオミさんとぴったりくっついて一日過ごせるなんてお互いに幸せですよね。
ナオミさんとはなちゃんの絆の深さは、本当にすごいですね。

年老いたうさぎさんって、赤ちゃんみたいに甘えん坊になりますよね。
ちこも、どうしたの?って何回も聞く程、ぴったりと寄り添ってました。
今、思えば、少しずつ旅立ちの準備をしていたのかな?
あの時間は、最後のプレゼントだったのかも…

| ちこまま | 2014/03/23 12:30 | URL |

初コメントです

ナオミさん、先日はめいブログにあたたかいコメントを
ありがとうございました!

お父様お母様にもブログを勧めてくださったと書いてあるのを見て、
嬉しいやら恥ずかしいやらありがたいやら(/ω\*)でした。

回想録とはとても思えないほど、花ちゃんの写真が
たくさんあって、当時の状況も詳細に覚えていらっしゃるので
『花ちゃんは、相当な愛され人生を送ったんだろうな。。』って、
いつも感動してしまいます。
ナオミさんはとっても愛情の深い方なんでしょうね。

これからも、またちょくちょくお邪魔させていただきますね。

| チャルコ | 2014/03/23 14:30 | URL |

NoTitle

こんなお眼目でじっと見つめられたら、可愛くて切なくて心乱されますね。大好きなナオミさんのお顔をいつまでも見つめていたかったのでしょうね。

花ちゃんは本当に可愛くて甘え上手ですね。
甘えることで愛情を伝え、ナオミさんたちへもやさしく心の準備を促していたのかもしれませんね。

花ちゃんの表情は穏やかでお母さんみたいにも見えます。
ナオミさんとご主人の愛に包まれてとっても幸せだったから、お2人が心配だったのかもね。

大きなお眼目は大好きなナオミさんと出会えて良かったって、忘れないよって語りかけているみたいですね。

| usapiko | 2014/03/23 22:42 | URL |

ちょうど去年の今頃の花ちゃんですね(´・_・`)
すごい見てますね‼︎
何て言ってるんだろう?
やっぱりあんまり長くは一緒にいられないって思って、忘れないでー、大好きだよー、ありがとう!って言ってるのかな?
ほんとにほんとに一途な花ちゃん、また会いたいですね;_;
ナオミさん、花ちゃんと一緒にいるために仕事をどんどん減らして行ったんですね⁈
それくらいの覚悟がいるって、二代目のむーちゃんを亡くした時に、ストンと腑に落ちました。
今度は融通のきく仕事してるか、退職するかした時にお迎えしようと思ってます/ _ ;
ナオミさんはうさぎちゃん見に行ったりはしてないんですか?
私は先週オープンしたお店にむーちゃん亡き後初めてこわごわ行ってみました。
もっちゃんとおなじグレーの可愛い子がいたので、小声でもっちゃ〜んって話しかけてます。
カリカリといい音させて食べてましたよ〜(≧∇≦)
かなり怪しいですが、通うと思います(笑)

| きぃぼぅ | 2014/03/24 00:05 | URL |

はなこさんへ

やっぱりはなこさんもそう思いましたか。
私も旦那に「花ちゃんはおやつじゃなくて構って欲しいんじゃない」
って言ってたんですが、
旦那はいてもたってもいられなくなっていたようです。

あまりにも一生懸命見つめるから、私達もどうしていいかわからなくて。。
でも、胸に刻んでくれたと思います。
次会ったときは、お互いすぐに分かると思います(^^)

| ナオミ | 2014/03/24 01:28 | URL | ≫ EDIT

リサリサさんへ

花ちゃんが私を見上げる顔、
毎日何時間も見ていたから、今も目を瞑るとすぐに浮かんできます。
花ちゃんも今頃私の顔を思い浮かべてるといいなと思います(^^)

最高に幸せにしてあげたかどうか、やっぱり自信ないですが
そんな風に言ってもらえるととても嬉しいです。
いつかまた会った時に、聞いてみたいと思います。
花ちゃんがすぐに私の元に走ってきてくれますように♪

| ナオミ | 2014/03/24 01:35 | URL | ≫ EDIT

ちこままさんへ

そうなんです、仕事に行けなくなっちゃったんです(^_^;)
休みの日は本当に一日くっついてました。
家事もおろそかになりがちで・・・(笑)

ちこちゃんもぴったりくっついてたんですね。
旅立ちの準備をしていたのかも知れないですよね。
本当はずっと一緒にいたいのに、ってちこちゃんも思ってたのかな。

| ナオミ | 2014/03/24 01:39 | URL | ≫ EDIT

チャルコさんへ

お忙しそうだから一方的にメッセージをお伝えしようと思ったのに。
チャルコさんにコメントいただけるなんて感激です。

うちの親はめいちゃんみたいな豆柴が飼いたくてしょうがないのに
もう歳だから体力的に自信がないようで飼うことが出来ないでいるんです。
あ、ちなみに私の実家福岡です(^^)

花ちゃんの回想録、もう少しで書き終わろうとしていますが
最後まで愛を込めて書こうと思います。
ありがとうございます(*^_^*)

| ナオミ | 2014/03/24 01:51 | URL | ≫ EDIT

usapikoさんへ

甘え上手だったんでしょうね。
手を膝に置いて上目使いで見られたら、なんでもしてあげたくなってしまいました。

花ちゃんの表情、お母さんみたいにも見えますか?
私もそう思っていました。
娘みたいに育てたけど、いつの間にかお母さんにもなってました。
これからのことが心配だったのかも知れませんね。
忘れないよって言う気持ちも、確かに伝えていたんだと思います。

| ナオミ | 2014/03/24 02:15 | URL | ≫ EDIT

きぃぼぅさんへ

そうですね、1年前のことですね。
あっという間のような、遠い昔のことのような・・・。
離れたくないよーって言ってるように感じてましたよ(>_<)

私はある程度日数が調整出来る仕事なので、どんどん減らしました。
うさぎさんって具合の悪い時に待ってくれないから融通のきく仕事であるに越した事ないですよね。
でも夜行ける病院とかあれば、仕事しながらでも大丈夫かも知れませんよ。

先日花ちゃんの夢を見るまでは私も一度もうさぎさんを見に行ったことなかったんです。
きぃぼぅさんも行ってなかったんですねー。
でもあの夢の後は足を運んでいます。やっぱりうさぎさんは可愛いですね(^^)
グレーの子をもっちゃんって呼んじゃう気持ち分かります。

| ナオミ | 2014/03/24 02:27 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/165-c25230d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT