うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

骨折で病院へ

(続きです)
病院へ行くのは、最後にお腹にガスが溜まったとき以来
3年ぶりくらいでした。嫌な思い出です
家を引越してから今回初めて行く病院にドキドキです。

病院嫌いの花ちゃんのために、
日々の健康にはとても気をつけていたのに
まさか怪我をさせてしまうなんてショックでした。
前日気づいていなかった夫はもっと落ち込んでいました。

暴れる元気もなくおとなしくキャリーバッグに入った
花ちゃんを連れて病院へ。

女性の獣医さんに見ていただきました。
花ちゃんは呼吸がひぃーひぃー言うくらい怯えてしまい
長くなると危険なのでゆっくり診断することが出来ませんでした。
とにかく足のレントゲンだけを撮ることに。

結果は右後ろ足の指の付け根と、指の2箇所骨折。
私から見ると、人間でいう親指側が曲がっていましたが
先生は小指側の骨折とのこと。

まず手術については、
高齢で麻酔の危険があるのと、
体が小さく技術的に難しい手術になるのでやめた方がいい。

ギブスについては
やはり小さい体に合わせて作るのが難しいのと
与えるストレスを考えるとやめた方がいい。

つまり…希望があれば手術やギブスも考えるが
何もせずに安静にすることをおすすめする、とのこと。
骨が自然につながれば、指が曲がったままでも
生活に問題はないのではないかと思うと言われました。

迷いましたが、何もしないことを選びました。
痛み止めの薬と、骨の生成を助ける薬をもらい
一週間後にまた診ていただくことにして帰宅。

hana-1105080829.jpg

家に帰ってからも、あまり動けないままの花ちゃん。
食欲も落ちていました。
痛み止めが効いてせめて痛くなくなれば良いと思いながら
まだまだ不安でいっぱいでした。

(続きます)



2つのランキングに参加してます。
よろしければ応援クリックお願いします。
ペット(ウサギ)ブログランキング   にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
お忙しい中、応援いつもありがとうございます。
関連記事

| *体のケア | 16:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NoTitle

花ちゃん、骨折していたんですね。
何もせず、痛み止めを飲んで安静にするという
ナオミさんの選択は、正しかったと思います。
処置をしたことで花ちゃんにとってストレスの原因に
なってしまうことも十分に考えられますから。

花ちゃん、その後どしたのかな・・・

| ポンママ | 2013/12/17 21:26 | URL |

NoTitle

こんなことになると
もの言わぬだけに、飼い主は人間以上に神経使いますね。

我が家のワンも 
年齢からして 無理(過度)な治療はしないことにしました。

生き物って、み~んな かわいい!  かわいいけど………(-_-;)

ナオミさん、リスコメ……どうも!!

| 森の住人 | 2013/12/17 22:00 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

昨夜、前記事読んでコメントした直後に
小羽さんがおやつ欲しさに走って滑ってて
ワタシは半泣きなのに
何も知らない(ナオミさんのブログ読んでない)相棒は
「こっちゃん、頑張ってるなー」とか言ってて
時空を超えて『花ちゃん骨折の瞬間』に立ち会った気分に勝手になりましたi-229

手術をやめた方がいい、と言って頂けるのは有難いと思います。
だって、本兎も飼い主も、ものすんごいストレスですもん。
その方が絶対いいよ!じゃなきゃ選ぶのは難しい。

| mogu2 | 2013/12/17 23:57 | URL | ≫ EDIT

うわー、花ちゃん痛かったね(~_~;)
そうですよね、手術もギプスも難しいですよね‥(´・_・`)
もっちゃんも、うちに来て1ヶ月くらい、まだちびっ子の時に、花ちゃんみたいに後脚ついてない⁈ みたいになって受診したら、亜脱臼(脱臼しかけ)って言われたことがあります。
フローリングを走り回り、ソファに飛び乗ったり飛び降りたりしてたからでしょう‥‥
幼くてもうさちゃんの脚はか弱いみたい。
やはり安静を言い渡され、ゲージに数日閉じ込め、痛みを和らげるためレーザーを当てに通院してましたよ。
レントゲンは撮らずに触診だけでした。
花ちゃんは骨折だから、もっと痛くて大変な思いをしたんですね^_^;
写真の不機嫌なお顔がそう言ってます(−_−#)
申し訳ないのですが、辛くて不機嫌そうな花ちゃんも可愛いなぁ(。-_-。)と思ったのは私だけじゃないはず⁈

| きぃぼぅ | 2013/12/17 23:58 | URL |

NoTitle

花ちゃん痛かったですね。 
病院で治療をしないで様子を見るのが良い時もあると思います! 
私も家族も病院へ連れて行かないで、ただやさしくして快適にしてあげていれば良かったのかな?と後で後悔することが多々ありました。

動物たちは何も言わないので、本当に迷いますよね。
でも花ちゃんはそんなに病院で怯えていたのなら、
ナオミさんの選択は正しかったと思います。

ナオミさんとお家に一緒にいることが、何よりの治療ですよね。
手当って言うけど、大好きなナオミさんの手がそばにあるだけで、
花ちゃんには薬より痛みに効いていましたよねきっと。

| usapiko | 2013/12/18 15:01 | URL |

NoTitle

小さな動物は骨折しても手術、治療がむずかしいんですよね。
病院でたまたま骨折の話になったのですが、こわいのはストレスと獣医さんが仰られた言葉を想い出します。そして手術したあとの骨折部位への長い保定。それだけで、日常生活がストレスの連続に。。。

続きが気になります。

| 冷奴 | 2013/12/18 20:50 | URL | ≫ EDIT

ポンママさんへ

ありがとうございます。
私もその時は不安でしたが、今は良かったと思っています。
ストレスは怖いですよね(>_<)
病院の先生は、飼い主さんは治療を望む人が多いって言ってました。
何もしないっていうのは不安になるのかもしれないですね。

| ナオミ | 2013/12/19 00:44 | URL | ≫ EDIT

森の住人さんへ

神経使いますね、本当に動物の病気は心配でしょうがないです(^_^;)
高齢になるとなおさらですよね。
ワンちゃんに無理な治療をしない選択も良く理解出来ます。
自然に見守ってあげることも大事ですよね。

森の住人さんの写真のりすさん達、しぐさとかうさぎに似てるんですよねぇ~。
かわいくてしょうがないです(*^_^*)

| ナオミ | 2013/12/19 00:56 | URL | ≫ EDIT

mogu2さんへ

あぁぁ小羽さん、危ない~(>_<)
まさに、うちと同じ状況じゃないですか。
よくある光景なのかな(^_^;)
相棒さんにも気をつけてもらった方がいいですよ。

手術したりギブスつけたりって、耐え難いストレスですよね。
病院で何もしないことを勧めてもらって良かったです。
他の治療を選択していたらどうなっていたか…怖いです。

| ナオミ | 2013/12/19 01:12 | URL | ≫ EDIT

きぃぼぅさんへ

もっちゃんも、そんなことあったんですね。
やはりうさぎさんって骨が弱いんですね。
大事故ってわけでもないのに、普段の生活の中で怪我しちゃってびっくりしますよね。
私も本で読んだりして骨が弱いのは分かっていたつもりだったのに…(>_<)

ケージに閉じ込めるようにって私も言われました。
花ちゃんが嫌がったので出来なかったけど(^_^;)
レーザー治療ってすごいですね。それはなかったです…!
触診だけでわかるって言うのもすごいですね。治療も色々なのですね。

私から見れば、花ちゃんは不機嫌でも可愛かったです。
きぃぼぅさんもそう思ってくれるんですね、嬉しいな(^^ゞ

| ナオミ | 2013/12/19 01:23 | URL | ≫ EDIT

usapikoさんへ

病院へ連れて行って後悔することありますね、私も何度かありました(^_^;)
余計に具合が悪くなっちゃったりして。。
どう治療するかって飼い主の判断にかかってるから、難しいですね。
花ちゃんは悲鳴をあげそうなくらい怯えて、先生も困ってました。
怪我の診察も大事だけど、それにかかるストレスって怖いですよね。

何もしないことを選んで、、
私は本当に何もしてあげられなかったんですよ。
一生懸命なでて声をかけてあげるくらいで…。
手当てになっていたんでしょうか、そうなってたら嬉しいです。

| ナオミ | 2013/12/19 01:32 | URL | ≫ EDIT

冷奴さんへ

怖いのはストレス!やはりそう仰っていたのですね。
ギブスも辛いですよね。
ちょっと何か体につけるだけでも嫌がるのにギブスなんて確かにストレスの連続ですね。
動物は骨折させちゃダメですね。小動物は特に骨も小さいし難しい…(>_<)

| ナオミ | 2013/12/19 01:38 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dreamykoala.blog.fc2.com/tb.php/108-5daf9862

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT