うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

イースターバニーの絵本

2017年のイースターは、4月16日の日曜日ですね。

イースターの外国の絵本ないかな~
と少し前に図書館で探していたら
「ふわふわしっぽと小さな金のくつ」という
とってもすてきなイースターバニーの絵本を見つけました。



ふわふわしっぽと小さな金のくつ

1993/8
デュ・ボウズ・ ヘイワード (著)
マージョリー フラック (絵)
羽島葉子(訳)


イースターに活躍するのは
世界でたった5匹の選ばれたうさぎさん。
お仕事は子供たちに幸せを呼ぶ卵を届けることなんですって。


ふわふわしっぽと小さな金のくつ

そのイースターバニーに選ばれるのは
心が優しくて、足が速くて、賢い、
特別なうさぎさんだそうです。


ふわふわしっぽと小さな金のくつ

親ばか飼い主としては、
まおちゃんもイースターバニーの素質あるかな?
のんびりしてるから無理かな?
なんて思いながら読みました。

ストーリーはわりと凝っていて読み応えあります。
夢をあきらめない気持ちや、
思いやりの気持ちを大切にした
イースターらしい楽しいお話しで、
うさぎさんの絵もかわいかったです。

大人の方にもおすすめの本ですよ。
借りた本ですが、欲しくなりました。



もう一つおまけで借りたのが
「ピーターラビットのイースター」です。


ピーターラビットの イースター (ピーターラビットのえほん)
2005/6/21
講談社 (編集)

こちらはただの(といっては失礼ですが)
10ページのしかけ絵本でした。

ピーターラビットのイースター (ピーターラビットのえほん)

しかけをめくりながら隠れてるものを探す絵本です。
小さい子向けですね。


イースターバニーの絵本 

この2冊を読んだら
イースターが少し身近に思えましたよ。
良かったら皆さんも読んでみて下さいね~。


2つのランキングに参加してます。
記事が気にっていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。

  にほんブログ村 うさぎブログ ネザ<br />ーランドドワーフへ

いつもありがとうございます!大変励みになってます。

| うさぎの本 | 23:32 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |