うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

粘り勝ち…しっぽの周りもブラッシング

まおちゃんはブラッシングは好きだけど、
しっぽの付け根だけは嫌がる
ブログに書いたのが1ヵ月ほど前でした。

あれから、粘りに粘って、私の粘り勝ち!

とうとうまおちゃんはしっぽの周りのブラッシングも
嫌がらずに任せてくれるようになりました。

CM171012-a.jpg

こんな風に寝っ転がったままでも
しっぽの周りにクシが入れられるようになりましたよ。


CM171012-b.jpg

しっぽの付け根と両サイドは
ふだん折りたたまれているので、
毛が溜まりやすく、絡みやすい場所です。

しっぽを避けて毛をかき分けてからじゃないと、
なかなか根元をほぐすのは無理なんですよね。


私も前はそこまで気にしてなかったのですが、
なんでこんなにこだわったのかというと、
実は先月、奥の方にフケっぽいものを何粒か見つけたからです。

皮膚病だったらどうしようかと思いましたが、
ちゃんとスプレー&ブラッシングして、
抜け毛をお手入れしていたらそれも無くなりました。

まぁ大丈夫だろうとは思ってたのですが、一安心です♪


CM171012-c.jpg

まおちゃんにとっては
「ちょっとしつこいんじゃない?神経質じゃない?」
って感じだったと思いますけどね


あ、でも粘り勝ちっていうのは
無理に追いかけまわしていたわけではなく、
気づかれないくらいそーっとクシを入れたり
許してくれるまでナデナデしまくったりとかです。


仰向け抱っこでもすれば早いんでしょうけど、
それをするとせっかく築いた信頼関係が崩れそうなので、
(私とまおちゃんの場合です)
心の通ったケアを心掛けました。

かなり時間はかかりましたが、
苦手なことが1つ減って、
前よりさらに、心を許してくれた感じです💛


2つのランキングに参加してます。
記事が気にっていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。

  にほんブログ村 うさぎブログ ネザ<br />ーランドドワーフへ

いつもありがとうございます。暑くなったり寒くなったり…体調に気を付けて下さいね。

| *体のケア | 20:35 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お殿様、お世話をさせていただきます。。

換毛期はもうしばらく続きそうです。

またお腹いたいいたいになっては困るので、
私は毎日熱心に、
毛づくろいをさせていただいてます。


CM170711-a.jpg

「まお様、こんなに取れますよ」
「ふむ、続けなさい」


CM170711-ab.jpg

「見てください。これだけ頑張りましたよ」
「よし、ごくろう」


CM170711-b.jpg

「まお様、お休み中のところ失礼します」
「かまわん、やりなさい」


CM170711-c.jpg

「こんなに取れましたよ」
「よし。下がって良いぞ」


うさぎさんが大人しくなる場所に連れていって
ブラッシングをするというおうちもあるようですが、

うちの場合は、まおちゃんがくつろいでる場所に
私が出張してブラッシングをしています。

それはだいたいスツールの下やテーブルの下。
ごろんちょして余裕のまおちゃんに対して、
体を小さくしてお仕えしている私の下僕感すごいです(笑)


2つのランキングに参加してます。
記事が気にっていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。

  にほんブログ村 うさぎブログ ネザ<br />ーランドドワーフへ

いつもありがとうございます!

| *体のケア | 19:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うっ滞?から4時間後に復活

もうすっかり完全復活しましたが、
先日まおちゃんが急な不調になりました。

その日のこと、記録しておきたいと思います。

CM170702-c.jpg
(もう元気だよ!)


朝のペレットは元気に完食したものの、
夕方なんとなく元気がなくなり、
夜のペレットを食べようとしなかったんです。

ふだん行かない部屋の隅っこに座って、
お尻を壁に押し付けてうずくまっています。

花ちゃんもそうでしたが、
このポーズは、具合が悪いという合図です。


野菜もおやつも、すべてイヤイヤ。


体の下にそっと手を入れると、
胃も腹部も張っている様子はなく柔らかで、
触られることも全く嫌がりません。

ひどいうっ滞なら、張っている部分があったり、
触ると嫌がったりしますよね。
でもいつも通りのぷにゅぷにょお腹で、
毛球症っぽいかたまりも全くありません。
体の温度もいつも通りで、
熱を持ってるわけでも、冷えてるわけでもありません。

聴診器を出して当ててみました。
ちょっと心音が早いような?いつも通りのような?
お腹の音が聞き取れないので、やはり停滞してるのか?
未熟なので、あまり聞き分け出来ません。。

表情はわりといつも通り。
花ちゃんはうっ滞の時はしかめっ面してました。

そんなに悪そうに見えないのに、
動かないし、何も食べない…。

いつもの病院はもう閉まっているので、
夜間救急に行くかどうか迷うところです。


様子を見ながら、それから3時間マッサージしました。
耳からお尻にかけて、撫でたりさすったり、揉んだり。
お腹は変なことをすると逆効果になるので
時々確認のためそっと触るだけです。

夫は少しほっといてあげればと言いますが
体温が下がってくると危険なのは分かってるので、
手を離すことが出来ませんでした。

その後ずっと飲まず食わず、うんちも出ず。

なかなか回復しないので、水分を取らせようと
少し温めて小さく切ったスイカを
口の中に無理やりつっ込みました。
その時はいつも従順なまおちゃんが
珍しく鼻の頭で私の手を押し返して抵抗しましたが、
最後には観念してつっ込まれたのを食べてくれました。

(スイカは水分が多いので、
普段のおやつとしてはあげすぎ注意です)


これでダメなら救急病院へ行こうか…
と考えていた深夜12時頃。

急にまおちゃんのお目目がぴくッと見開き
立ち上がって毛づくろいを始めました。

それが終わるとぴょん!と飛び出して
私の周りを走り始めたんです。
うんちが出たわけでもないのに、
突然妙にすっきりした表情…?!
ガスが溜まってて、おならでも出たんでしょうか。

それから深夜2時過ぎまでの間、
休んでた分を全部とり戻すくらい走り回って、
ペレットや牧草を食べて、●もいっぱい出して、
完全復活!

私はずっとまおちゃんのお尻をさすってたので、
夜中にやっと夜ご飯を食べました。

その間まおちゃんは感謝の意を表して、
ずっと私の足を舐めてました。

スイカを無理やり口につっ込んだ時に
これは嫌われたな…と思ったのですが、
全く恨まれてはなかったようです。
よかった…(笑)

CM170702-a.jpg

次の日、モリモリ牧草を食べています。

CM170702-aa.jpg

昨日の不調は一体なんだったのかというくらいの元気。
それでもちょうど良いタイミングなので
次の日健康診断を兼ねて病院に連れて行きました。

結果は何の問題もなく、健康状態は良好。
薬ももらいませんでした。

CM170702-b.jpg

換毛期と暑さには十分注意していたつもりでしが、
実はマンションの防災点検があって
警報音が鳴り続けていたのが
ストレスになったのかもしれません。

油断大敵ですね。
うさぎさんの体調は短時間で急変しますから、
大げさなようでも、よく注意しなければと思います。


2つのランキングに参加してます。
記事が気にっていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。

  にほんブログ村 うさぎブログ ネザ<br />ーランドドワーフへ

いつもありがとうございます!皆さんも体調に気を付けて下さいね。

| *体のケア | 18:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運動してお腹を動かそう~

最近うさ飼いさんたちのブログやツイッターを見ていると
体調が不安定なうさぎさんが多いようです。

実はまおちゃんも元気なようで怪しい感じ。
ベターっとしてる時間が長いです。

20160913-a.jpg

パッと見換毛期ではないように見えるのですが、
足の横のふわふわの毛が今すごく抜けてるんですよね。

自分で毛づくろいしやすい場所なので
飲み込まないように要注意です。

20160913-b.jpg

いつもグルーミングには従順なまおちゃんですが、
この足の付け根はくすぐったいのか?
触られるとすぐブルブルして自分で毛づくろいし始めるので
妨害しながらがんばってます。

ここ数日はうん●にも毛が混じってるし
お部屋の中にいたら毛づくろいばっかりしちゃう。

こんな時は運動が大事!
台風で散らかってたベランダを掃除して・・・
久しぶりにべらんぽです♪

うさぎのべらんぽ

部屋でも運動は出来ますが、
ベランダに出ると、気分転換になりますからね。

うさぎのべらんぽ

ほらっ♪
さっきまでソファの裏の暗いところで
グダグダしてましたが、勢いよく走り始めました。

うさぎのべらんぽ

よかったよかった。
この日のべらんぽは3時間くらい、
元気でたくさん運動出来ました♪

たくさん走ればお腹の動きもよくなるし、
食欲も出ますね。
この後は牧草食べまくりでほっとしました。

うさぎさんの健康長寿のためには
適度な刺激と退屈しない生活が大事だと思います。


あ、外に出られないときの
ちょっと間抜けな我が家の遊び方、
またいつか紹介しますね。


シネマラビットの方は「ジャングル・ブック」更新してます。


2つのランキングに参加してます。
記事が気に入っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。

  にほんブログ村 うさぎブログ ネザ<br />ーランドドワーフへ

クリックありがとうございます。励みになります

| *体のケア | 18:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

器VS給水ボトル~健康のために

最近のまおちゃんはものすごくたくさん水を飲みます。
今は一年で一番たくさん水を飲む時期かもしれません。

20160712-a.jpg

ガブガブ!

飲んでる水は水素水。
使っているのは小さな器ですが、日に何杯もおかわりします。

ケージの中には給水ボトルを入れていますが、
ここから飲む水の量はとても少ないです。

20160712-b.jpg

うちはケージの扉は開けっ放しなので
ペレットを食べた後、わざわざ器のところまで水を飲みにきます。

器の方が断然飲みやすそうに見えます。

一日に飲む量の割合は、
ガラスの器で9割、給水ボトルで1割くらいです。

水の与え方としては給水ボトルが一般的なんですけどね。
留守中などでボトルだけにしておくと
飲む量がかなり減ることから、
最近はボトルだけでは不十分だと思うようになりました。

20160712-d.jpg

動物病院の先生の中には
器で与えることをすすめる先生もいます。
給水ボトルだとどうしてもちびちび飲むことになるので、
水分不足から起こる様々な病気が心配されるためです。
(腎不全、尿路結石、熱中症、うっ滞などなど)

給水ボトルの良い点は、
こぼれない。いたずら出来ない。汚れない。
キャリーにも付けられる。
エリザベスカラーを付けても使える。

器の良い点は、
たくさん飲める。どこでも飲める。
年をとって首が上がらなくなっても使える。
容器の故障がない。洗いやすい。

どちらも一長一短ありますね。
どちらが飲みやすいかは
うさぎさんによっても違うと思いますが、
とにかく水不足にならないことが大事ですよね。

20160712-c.jpg

それで結局、うちでは両方使っています。
いつもそばにお水があります。

さらに、水素水で長生きしてくれますように。。


2つのランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけたらとても励みになります。

 にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
いつもありがとうございます! 皆さんのうさぎさんが健康でありますように。

| *体のケア | 13:19 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT