うさぎと暮らすということ

お月様の花ちゃんの回想録から始まったブログ。 現在は2014年にお迎えしたまおちゃんとの暮らしを花ちゃんの思い出と共に。。      

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

那須で出会ったうさぎ

うさぎと暮らしたいと思ったきっかけは、13年くらい前。
那須高原の南ケ丘牧場でうさぎのレンタルをしたことでした。
30分くらい牧場内で自由にお散歩出来るという有料のサービスだったと思います。

私は3歳くらいまでうさぎを飼っていましたが
この時がそれ以来のうさぎとの触れ合いでした。
(ドキドキでした)

牧場の方に渡されたのは、
白と黒のぶちで小柄でとっても可愛いうさぎさんでした。
その時にその子がとっても懐いてくれて、
時間が経って返そうとするとものすごく嫌がって抵抗したのです。
必死で腕にしがみついて離れようとせず、
なんとか足を踏ん張って私たちと一緒にいようとしました。

戻りたくない理由があったのか?わかりませんが
こんなに一緒にいたいと思ってくれるなんて
可愛くて離れがたく、連れて帰りたくなりました。

その時の事が忘れられず、
マンションでうさぎを飼えるのかな…?思い始めたのです。

| * 出会うまで | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花ちゃんとの出会い

うさぎを飼うと決めてから本でいろいろ勉強し、
一番小さいサイズのネザーランドドワーフの雌が良いと決めていましたが、
なかなか運命を感じるうさぎには出会えませんでした。
数週間ペットショップを見て周り、一目ぼれしたのがこの子です。

2

今まで見たうさぎの中で一番小さかったけれど、
元気いっぱいケージの中で動き回っていてそれはもう可愛くて。

じっと見てると大きな音がするたびにびくっびくっと怯えてキョロキョロしていました。
かなりの怖がりのようだけど大丈夫かな、、?と思いつつも
目が合った瞬間ハートを鷲づかみされちゃいまして
この子を連れて帰ったわけです。

この日この場所で花ちゃんと出会えて本当に良かった。
かけがえのない11年間の始まりの日でした。

| * 出会うまで | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぴょんこの分も

前の記事では子供の頃飼っていた
ぴょんこといううさぎの話を書きましたが、
すみません、削除しました。
自分で読み返して辛くなったので。

hana-nozomi.jpg


私はぴょんこを助けなかった罪の意識がずっとあって、
花ちゃんの事はぴょんこの分まで大事にしようと思ったのです。
絶対に悔いのないように守ってあげたいと思っていました。

でも、それはそんなに簡単なことではなくて、
やっぱり辛い思いをさせてしまったこともあったし、
こうしとけば良かった、ああしとけば良かったと
後悔していることもたくさんあります。

動物を守ってあげるって難しいことですね。

でも、花ちゃんは私がどんな選択をしても
いつも私のことを信頼して頼ってくれました。
私にとって花ちゃんとの出会いは奇跡。
花ちゃんは私の天使でした。


| * 出会うまで | 01:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一緒に暮らした動物たち

私が自分で最初から最後まで世話したのは花ちゃんだけですが
実家にいる時一緒に暮らした動物達を紹介します。

うさぎのぴょんこ
茶色い雑種(ミニうさぎ?)の♀。野うさぎみたいな外見でした。
私が小さい時だったので、一緒に遊んだ記憶は少ししかありませんが
子供の私がなでたり抱っこしたりしても嫌がらない子でした。
庭のうさぎ小屋で飼っていて、時々家の中で遊ばせてました。
物心ついたときには可愛いぴょんこが側にいたのが
動物好きになるきっかけだったと思います。

シマリスのリリー
プライドが高くてマイペース。
健康ですくすく育ちましたが、あまり私に懐いてくれず。
私はもっぱらその活発な様子を眺めているだけでした。
美人さんの♀でした。

セキセイインコのチッチとピーコ
私は仲良くしたかったのですが、子供だった私は
ちょっかいを出しすぎていたようで距離を置かれていました。
今ならきっと友達になれると思うのですが…。
いつか自分でヒナから育ててみたいです。

金魚のキンデメとキンパク
小学生だった私が縁日の金魚すくいで連れて帰りました。
キンデメは目が出ていたので、
キンパクはパクパクしていたので名付けました。
私にはインコより懐いてくれた記憶があります。

犬のトキ
私の友人の家で生まれた9匹兄弟の雑種の♂。
田舎の雑種犬ですが母親はホワイトテリア似でした。
大人になったトキは茶色で花ちゃんと似た毛色に。
私と一緒に大人になっていった良き相棒でした。

20130924113540.jpg    20130924140604.jpg
(1歳の時と14歳の時・昔の写真を携帯で撮影)

性格はとてもやんちゃで、いつもテンション高め。
お散歩と穴掘りが大好きで、病気知らずの健康体でした。
初めて体調を崩して病院に行った次の日にあっけなく天国へ。
14歳でした。
早く気づいてあげられなかったのが心残りです。

珍しい雑種なのでそっくりな犬には滅多に会えません。
少しでも似てるワンコを見かけると付いて行ったりしてしまいます。
奇跡的にいつか似た子に出会えたら嬉しいです

友達の家の猫
トキを迎える前、猫が飼いたくて
親に頼んだことが何度かありましたが猫はどうしても駄目でした。
でも猫を飼ってる友人が多かったので、 留守中にご飯をあげに行ったり
時々数日預からせてもらったりしてました。


子供の頃は世話は手伝う程度。ほとんど親に任せていました。
自分で飼いたいと言った、リリーやチッチやピーコ…。
花ちゃんと同じくらい一生懸命の愛情を
注いであげれば良かったと思います。みんな可愛い子でした。
もう一度会ってみんなと一緒に暮らしたいです。
叶わない夢ですが…。


ランキングに参加してます。
よろしければ応援クリックお願いします。
ペット(ウサギ)ブログランキング   にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ

| * 出会うまで | 13:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |